確定拠出年金と投資信託の積立を比較 3/3

掛金には上限もある

確定拠出年金(個人型)の掛金には、上限が決められています。
これを書いている時点では、自営業者などの場合は月額68,000円まで、サラリーマンなどの場合は月額18,000円と決まっています。

月額68,000円まであればまあ良いでしょう。
でも、月額18,000円だとちょっと少ないなあという感覚を持つ方も多いでしょうね。

個人的には、最低でも4万円くらいはという感覚です。

限度額が設けられているのが、確定拠出年金(個人型)の大きなデメリットですね。

もちろん、限度額を超える部分に関しては、投資信託の積み立てを利用すると言うことも可能です。
限度額いっぱいまで確定拠出年金を利用して、それを越える部分は投資信託を積立てるのです

楽天証券では、月々1,000円から投資信託の積み立てが可能です。
そういう微調整には向いているサービスだと思います。

どちらにしても、ちょっと検討が必要な問題であることは間違いありません。

一度はじめてしまうと解約は難しい

確定拠出年金(個人型)の最大のデメリットは解約ができないことでしょう。
基本的に、一旦はじめてしまうと、60歳になるまで受け取ることはできません。

途中で死亡した場合などは、死亡一時金として受け取れることもあります。
でも、そのときには、自分はいないわけで…。

例えば、突然お金が必要になったような場合でも、確定拠出年金のお金には手をつけることはできないのです。

どんな例があるかなあ。
例えば地震が起きて家が壊れたときも、確定拠出年金のお金は修復費用に使ええません。

自分のお金なのに…って感じですよね。

これは大きなデメリットと言って良いでしょう。
必要なときに自分の金が使えないなんて最悪です。

いつでも換金可能な、投資信託の積み立てのほうが資金の流動性が高く優れていると言えます。

まとめ

確定拠出年金(個人型)には、税制優遇と言う大きなメリットがあります。
年間で数万円程度の税制優遇が受けられる可能性があります。

その一方で、制度が硬直的だというデメリットもあります。
具体的には、資金を引き出すのが難しいとか、限度額があると言ったような問題です。

また、口座を管理するコストもかかります。
利用するのであれば、SBI証券のような管理手数料がかからないところを選ぶことも必要ですね。

大事なのは、確定拠出年金(個人型)か投資信託の積み立てかという二者択一にしないことだと思います。
両方のメリットが活かせるように、上手に組み合わせることが大事でしょう。

例えば、老後のために15,000円は確定拠出年金で運用する。
突然お金が必要になる場合に備え、10,000円は投資信託で積立てる。
こんな感じで選択していくのが望ましいと思います。

投資信託の積み立てを利用するのであれば、取扱本数が充実していて月々1,000から投資できる楽天証券がおすすめです。
1,000円から投資信託の積み立てができると言う意味では、カブドットコム証券もいいかもしれませんね。

まあ、大体こんなところでしょうか。

スポンサードリンク