‘SBI証券’ タグのついている投稿

SBI証券が確定拠出年金(個人型)の運用に使える投資信託を増やしたようです

2016年12月7日 水曜日

SBI証券が、確定拠出年金(個人型)の運用に使える投資信託を、何本かまとめて増やしたようです。2017年1月から利用できる人の範囲が大幅に拡大するのに合わせて、運用に使える投資信託も充実させたという事なのでしょう。

(さらに…)

積極的に増やしたければ日本株と外国株のインデックスファンドがそろっているところで

2011年10月26日 水曜日

確定拠出年金(個人型)はSBI証券がおすすめのページでご紹介したように、個人型を利用するならSBI証券がおすすめです。
ただ、実は、上のページで紹介したもののほかに、SBI証券をおすすめ出来るもう一つのポイントがあります。

このページではその点についてご紹介したいと思います。

確定拠出年金を運用して受給額を増やす為には、ある程度積極的に運用することになります。
そして積極運用をするときに軸になるのが、日本株と外国株のインデックスファンドです。

ちなみにインデックスファンドというのは、日経平均やS&P500などの株式指数に比例して価格(正確に言うと基準価額)が変わるファンドの事を言います。
例えば、TOPIXに連動するインデックスファンドなら、トピックスが1%上昇すれば、ファンドの基準価額も1%上がるといった具合です。

(さらに…)

SBI 証券のケースで運用を考えてみよう

2011年7月5日 火曜日

みずほ銀行、野村證券に引き続き、SBI 証券をつかった場合の確定拠出年金(個人型)の運用を考えて見ましょう。
もちろん、「確定拠出年金の運用についてまとめてみましょう」のページで示したガイドラインで考えると言うスタンスはかわりません。

すなわち、次のような方針での投資を考えます。

●外国株ファンドと国内株ファンドは1対1の比率
●可能であるならば、新興国の株式を組み込んでもいい
●信託報酬にはこだわる

この方針で考えると、SBI 証券はなかなかよさそうです。
ちょっと問題はありましたけど。

(さらに…)

確定拠出年金の運用についてまとめてみましょう

2011年7月4日 月曜日

このサイトでは確定拠出年金のさまざまな情報についてご紹介しています。
ただ、情報が雑多で、読みにくい部分があるのも事実です。

そこで、これから確定拠出年金をはじめたいという方のために、特に重要なコンテンツをご紹介しようと思います。

取り合えず、先ずはこれだけ読んでみて下さい。
金融機関の選び方や、運用の基本的な考え方がご理解いただけるはずです。

ここで書いていることが絶対的な正解と言うわけではありません。
それでも、一つの基準にはなると思います。

(さらに…)

投資信託の手数料(信託報酬)で選ぶと、やっぱりSBI 証券

2011年7月1日 金曜日

確定拠出年金の本質は、投資信託の積立と投資信託の売買です。

税制上有利な点があったり、管理手数料がかかるなどのシステム的な違いはあります。
でもやっていることは、普通の投資信託となんら変わりありません。

ということは、確定拠出年金を利用する時にも、投資信託を買う時と同じ注意を払わないといけません。
そんなチェックポイントの一つとして、今回は信託報酬を取り上げましょう。

信託報酬は、ある程度キャリアを積んだ投資家が、投資信託を買う時に絶対にチェックするポイントです。
実は、信託報酬にこだわるかどうかで、投資結果に大きな違いが生まれることもあります。

実際にどの程度の違いがあるのか、例をあげて計算してみましょう。

(さらに…)

SBI証券で401Kの運用 その3

2010年7月15日 木曜日

SBI証券で401Kの運用の続きです。

3ページ目ですね。

ここまでで、どのファンドに投資したら良いかという事を見てきました。

SBI証券で401Kの運用 その1
SBI証券で401Kの運用 その2

最後にそれぞれのファンドで、どのような比率で投資すれば良いか見てみましょう。

(さらに…)

SBI証券で401Kの運用 その2

2010年7月15日 木曜日

SBI証券で401Kの運用する場合のケーススタディの続きです。

最初から読む方は、こちらをご覧下さい。

SBI証券で確定拠出年金の運用を行う場合、どのファンドを選んだら良いのでしょうか?

このページでは、具体的にファンドを選んでみましょう。

(さらに…)

SBI証券で401Kの運用

2010年7月15日 木曜日

SBI証券で確定拠出年金を購入する場合、どのように運用すれば良いか考えてみました。

想定としては、月々の投資額が2万円の40代までの比較的若い人を考えています。

これより上の年齢になると、もう少し債券の比率を増やした方が良いでしょう。

ちなみに、確定拠出年金を取り扱う金融機関の中ではSBI証券がイチオシです。

SBI証券をおすすめする理由は、こちらをご覧下さい。

(さらに…)

SBI証券の401Kはおすすめ 手数料が安いし…

2010年7月14日 水曜日

確定拠出年金の個人型は、窓口となる金融機関を自分で選ばないといけません。
そして長期的に考えると、金融機関選びの影響は小さくありません。

私達は、どのように金融機関を選べばいいのでしょうか?

私自身は手数料取扱ファンドを中心に選ぶのが良いと思っています。
そしてその基準で選ぶと、SBI証券を選ぶのがベストの選択だと思います。

(さらに…)