‘手数料’ タグのついている投稿

【iDeCo】SBI 証券での運用を考えてみよう

2011年7月5日 火曜日

このページでは、SBI証券でiDeCo の運用をする場合について考えてみましょう。と言ってもそれほど難しい話ではありません。基本ルールにのっとって、運用する投資信託とその比率を選ぶだけです。

(さらに…)

確定拠出年金(個人型)の運用ではファンドの手数料にもこだわろう

2011年7月2日 土曜日

確定拠出年金にはさまざまな手数料がかかります。

例えば、確定拠出年金の口座を持っているだけで「運営管理手数料」という費用がかかります。
これは年額3,000円から5,000円と言ったところが多いでしょうか。

運用期間が30年あるとすれば、月額5千円として、これだけでも15万円にもなります。
結構馬鹿にならない費用ですね。

ですからこのサイトでは、口座管理手数料が不要になるSBI 証券をおすすめしています。

しかし、確定拠出年金の費用にはもっと大きなものがあります。
それは、信託報酬と呼ばれる費用です。

(さらに…)

【iDeCo】確定拠出年金ではインデックスファンドを買いましょう

2011年7月2日 土曜日

個人型、企業型を問わず、確定拠出年金で運用に使える投資信託はアクティブファンドとインデックスファンドに分かれます。例えば日本株の投資信託だったら、日経225やTOPIX などの指数に連動するインデックスファンドもあれば、積極的なリターンを追及するアクティブファンドもあります。実は、このどちらを使うかは、かなり大きな問題です。

(さらに…)

投資信託の手数料(信託報酬)で選ぶと、やっぱりSBI 証券

2011年7月1日 金曜日

確定拠出年金の本質は、投資信託の積立と投資信託の売買です。

税制上有利な点があったり、管理手数料がかかるなどのシステム的な違いはあります。
でもやっていることは、普通の投資信託となんら変わりありません。

ということは、確定拠出年金を利用する時にも、投資信託を買う時と同じ注意を払わないといけません。
そんなチェックポイントの一つとして、今回は信託報酬を取り上げましょう。

信託報酬は、ある程度キャリアを積んだ投資家が、投資信託を買う時に絶対にチェックするポイントです。
実は、信託報酬にこだわるかどうかで、投資結果に大きな違いが生まれることもあります。

実際にどの程度の違いがあるのか、例をあげて計算してみましょう。

(さらに…)

東京海上日動でiDeCoは賢い選択?

2010年7月13日 火曜日

確定拠出年金(個人型)を取り扱っている金融機関の一つに東京海上日動があります。この金融機関を利用するのは、賢い選択なのでしょうか?

結論から言うと、「SBI証券の方がおすすめだよ」というのが私の感想です。手数料と取り扱うファンドの両方で良い選択とは言いにくいのです。
(さらに…)