‘厚生労働省’ タグのついている投稿

厚生労働省公式見解(?)確定拠出年金のメリットは節税以外あるのか

2017年11月22日 水曜日

厚生労働省サイトの「確定拠出年金制度の概要」というページに、確定拠出年金のメリットが書かれていました。

厚生労働省は、どんなところがメリットであると考えているのでしょうか。軽く茶々をいれながら、ちょっと確認してみましょう。

(さらに…)

確定拠出年金のデメリットは何?| 厚生労働省の公式見解に迫りましょう

2017年11月19日 日曜日

厚生労働省の「確定拠出年金制度の概要」というページに確定拠出年金のデメリットが書かれていました。でも、「あれ?」と思うような記述も少なくありません。

そこで、厚生労働省の言う確定拠出年金のデメリットは、本当にデメリットなのか検証してみましょう。検証って言うか、揚げ足取りに近いのかもしれませんが。

(さらに…)

年金加入者の2割超が年収50万円以下│ この伝え方はアンフェアな気がするなあ

2012年7月10日 火曜日

厚生労働省が公的年金の加入者の所得調査を行ったそうです。
それによると、なんと、22.3%もの人が50万円以下の年収なのだとか。1

これはかなり衝撃的なニュースですね。

しかし、冷静に記事を読んでみると、実はそれ程大変な数字とは言えない気もします。
状況が悪いと、意図的に煽られている感じがするのです。

煽っている犯人が、厚生労働省なのか、マスコミなのかは分かりませんが。

(さらに…)

  1. 2割超が年収50万円以下=年金加入者の所得調査-厚労省 []

中小の年金基金の共同運用を検討│ は?

2012年5月13日 日曜日
中小の年金基金は運用能力が無いことが明らかになりました。
そこで、お金を集めてまとめて運用してもらおうと言う案が、出てきたのだそうです。

でも、これって、どう考えても理屈に合わないですよね。

AIJ投資顧問の問題で、年金基金の運用がずさんな事が明らかになりました。
特に、中小の年金基金の運用はそうとう酷いところもあるようです。

それを受けて、厚生労働省が新しい案を出してきました。
具体的には、中小企業の基金の運用を企業年金連合会委託するという事を考えているようです。1

(さらに…)

  1. 中小年金の共同運用を検討=AIJ問題受け連合会に委託-厚労省 []

国民年金の保険料を金持ちから徴収したところで、何の意味があるのだろうか?

2012年3月25日 日曜日
国税庁が年金の保険料を初めて徴収するそうです。
厚生年金の場合は、まあ、意味があることでしょう。

でも、富裕層から国民年金の保険料を徴収する事に、どんな意味があるのでしょうか?

厚生年金の保険料を滞納している企業から、国税庁が強制的に徴収を行うのだそうです。
何でも、この企業の滞納額は1億円を超えるのだとか。1

ところで、確かこの手の徴収って、厚生労働省が嫌がっていたものですよね。

国税庁が年金の徴収をする事になると、民主党が考えている歳入庁構想につながる可能性があります。
歳入庁なんてできれば、厚労省の権限が縮小するのは間違いありません。

何か、状況の変化でもあったのかなあ。
ちょっと、興味深いところですね。

(さらに…)

  1. 国税局、初の強制徴収へ=年金滞納で厚労省が委任 []

被災した企業および従業員向けの社会保険の免除を検討

2011年5月15日 日曜日

ちょっと前に書いたものですが、大事なことなので掲載しておきます。
震災に関する社会保険の対応です。

今回の震災で被災した会社もその従業員も相当多いでしょう。
そんな会社や従業員を助けるために、社会保険を減免する対策が打たれるようです。

■ 社会保険料を1年間免除へ=「標準報酬月額」改定も特例―厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000006-jij-pol

まだ案の段階ですから、最終的にどうなるかは分かりませんが。

(さらに…)

国民年金というのは、システム的に限界なんだろうね

2011年5月7日 土曜日

国民年金の納付率が、ついに60%を切りそうなのだそうです。
6割を切るということは、システムとして完全に機能していないということですね。

■ 初の60%割れの公算=10年度の国民年金納付率-厚労省
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011042800988

これだけおかしくなっていると、根本的に考え直さないとどうしようもないでしょう。
でも、自民と民主の考え方は大分違うので、話をまとめるのも難しそうです。

現状では両党の意見を統一しないと、法律として通りません。
また、年金制度は政権党がころころ変えるわけにはいかないので、両党合意の上で案を作るのは大事なことです。

ですから、将来どうなるのかちょっと心配になります。

(さらに…)