所得税がどの程度安くなるかのシミュレーション

課税所得が300万円のサラリーマンの場合の所得税

年間の課税所得が300万円のサラリーマンAさんの場合を考えてみましょう。

注意しておきたいのは、課税所得300万円というのは年収300万円ではないという事です。
年収から各種控除を引いた額が300万円ということですので、年収としてはもっと多くなります。

家族構成などによって控除の額が違いますが、Aさんの年収は400万円台の後半から500万円台程度位だと思います。

さて、課税所得が300万円のサラリーマンの年間の所得税は30万円です。
課税所得が330万円以下の場合、課税所得の10%が所得税として取られると決まっているからです。

このあたりの数字は、制度が変更になって変わるかもしれません。
最新の数字は、タックスアンサーなどをご確認ください。

毎月1万5千円の掛金を払った場合

さて、Aさんが確定拠出年金の個人型に入ったとしましょう。
月々の掛金を1万5千円とします。
年間18万ですね。

Aさんが掛金として払った18万円は全額所得控除の対象になります。
簡単に言うと、その分所得が少なかったとみなしてくれるのです。

所得が少なくなるということは、その分所得税の額が下がります。

Aさんの場合、300万円の課税所得が、18万円少なくなって282万円とみなされます。
ということは、Aさんの支払う所得税は28万2千円となります。

つまり、掛金の年間総額18万円の10%である18,000円分所得税を節約できるのです。

確定拠出年金は数十年単位で考えるものです。
総額だと結構バカにならない額だと思いますよ。

例えば、20年間はいるとすると、36万円もお得です。

将来のために準備をすることで、税金が戻ってくるのです。
ぜひ利用したい制度ですね。

補足(1) 住民税も安くなる

今回計算したのは、所得税だけです。
しかし、実際には住民税も安くなります。

住民税は具体的にどの程度安くなるか金額を出すのが難しいですが、安くなることだけは認識しておきましょう。

補足(2) 所得が多い人は、さらにお得

日本は所得税に関しては累進課税というシステムをとっています。
簡単に言うと、所得が多い人は、税率も大きくなるという制度です。

今回計算したAさんの場合は、課税所得の10%でしたが、人によっては20%30%の所得税を払う人もいます。

そういう人にとっては、確定拠出年金の節税高価はより大きくなります。

所得の大きい人ほど入る事を検討した方がいい制度です。

補足(3) 掛金を増やすとさらにお得

確定拠出年金の掛金を増やすと、当然ですが控除額も増えます。
余裕がある人は、掛金を増やす事を検討しましょう。


●確定拠出年金をはじめるには

確定拠出年金を選ぶポイントの一つが手数料です。
手数料に関しては、「確定拠出年金の手数料」をご覧下さい。

また、手数料の点でお得なのがSBI証券です。
節税効果のシミュレーションなども出来るので、その点もチェックしてみてください。

スポンサードリンク