‘おすすめの運用とか’ カテゴリーのアーカイブ

iDeCoや確定拠出年金(企業型)の運用が難しい?| 年金積立金のポートフォリオ真似すれば簡単

2018年10月7日 日曜日

確定拠出年金の運用は、素人にはなかなか難しいですよね。そんなときには、運用がうまく行っている人を真似してしまいましょう。具体的には、公的年金の積立金の運用を真似するのです。

プロの運用を真似すると聞くと、非常に難しそうな印象を持つかもしれません。しかし、真似をするだけなら、非常に簡単です。

(さらに…)

三菱東京UFJ銀行はiDeCoの手数料が高いかも

2018年2月6日 火曜日

みずほ銀行はiDeCo の手数料が比較的安いようです。それでは、同じメガバンクの三菱東京UFJ銀行はどうなのでしょうか。やっぱり手数料を下げる努力をしているのでしょうか。ちょっと調べてみましょう。

(さらに…)

iDeCo で運用するメリットとデメリットは?

2018年2月6日 火曜日

iDeCo の運用上のメリットとデメリットについて考えてみましょう。従来の年金型の金融商品は、確定給付のものがほとんどでした。生保の定額年金保険などがそうですね。そうした金融商品と比べてiDeCo は、どんなところが優れていて、どんなところが劣っているのでしょうか。

(さらに…)

【iDeCo】バランス型の投資信託は手数料が高めです

2018年1月30日 火曜日

最近(2018年1月現在)は、iDeCo で運用される投資信託の信託報酬(日々払う手数料)がだいぶ安くなっているようです。しかし、一部の投資信託は、いまだに信託報酬が高いので、十分に注意しましょう。また、金融機関によっては、全体的に信託報酬が高いところもあります。

(さらに…)

積極的に増やしたければ日本株と外国株のインデックスファンドがそろっているところで

2011年10月26日 水曜日

確定拠出年金(個人型)はSBI証券がおすすめのページでご紹介したように、個人型を利用するならSBI証券がおすすめです。
ただ、実は、上のページで紹介したもののほかに、SBI証券をおすすめ出来るもう一つのポイントがあります。

このページではその点についてご紹介したいと思います。

確定拠出年金を運用して受給額を増やす為には、ある程度積極的に運用することになります。
そして積極運用をするときに軸になるのが、日本株と外国株のインデックスファンドです。

ちなみにインデックスファンドというのは、日経平均やS&P500などの株式指数に比例して価格(正確に言うと基準価額)が変わるファンドの事を言います。
例えば、TOPIXに連動するインデックスファンドなら、トピックスが1%上昇すれば、ファンドの基準価額も1%上がるといった具合です。

(さらに…)

【iDeCo】SBI 証券での運用を考えてみよう

2011年7月5日 火曜日

このページでは、SBI証券でiDeCo の運用をする場合について考えてみましょう。と言ってもそれほど難しい話ではありません。基本ルールにのっとって、運用する投資信託とその比率を選ぶだけです。

(さらに…)

【iDeCo】野村證券での運用を考えてみよう

2011年7月5日 火曜日

野村證券での運用について考えてみました。最初にこのページを書いた2011年とは、大分状況が変わっているようです。そのあたりの変化も踏まえて、現在(2018年1月)運用したらどんな感じか考えてみましょう。

(さらに…)

【iDeCo】みずほ銀行での運用を考えてみた

2011年7月4日 月曜日

みずほ銀行でiDeCo の運用をする場合、どんな投資信託を使うのが良いのでしょうか。というか、そもそも、使える投資信託はあるのでしょうか。手数料は安いのでしょうか。ちょっと検討してみましょう。

(さらに…)

確定拠出年金の運用についてまとめてみましょう

2011年7月4日 月曜日

このサイトでは確定拠出年金のさまざまな情報についてご紹介しています。
ただ、情報が雑多で、読みにくい部分があるのも事実です。

そこで、これから確定拠出年金をはじめたいという方のために、特に重要なコンテンツをご紹介しようと思います。

取り合えず、先ずはこれだけ読んでみて下さい。
金融機関の選び方や、運用の基本的な考え方がご理解いただけるはずです。

ここで書いていることが絶対的な正解と言うわけではありません。
それでも、一つの基準にはなると思います。

(さらに…)

確定拠出年金(個人型)の運用ではファンドの手数料にもこだわろう

2011年7月2日 土曜日

確定拠出年金にはさまざまな手数料がかかります。

例えば、確定拠出年金の口座を持っているだけで「運営管理手数料」という費用がかかります。
これは年額3,000円から5,000円と言ったところが多いでしょうか。

運用期間が30年あるとすれば、月額5千円として、これだけでも15万円にもなります。
結構馬鹿にならない費用ですね。

ですからこのサイトでは、口座管理手数料が不要になるSBI 証券をおすすめしています。

しかし、確定拠出年金の費用にはもっと大きなものがあります。
それは、信託報酬と呼ばれる費用です。

(さらに…)

一番大事なのは資産の配分をどうするか「アセットアロケーションと言います」

2011年7月2日 土曜日

資産運用をする時に、一番大事なのは何だと思いますか?

多くの人は、どんな金融商品を買うかだと思っているでしょう。
どんな会社の株を買うのかとか、どの債券を買うのかとか、どの投資信託を買うのかは確かに重要です。

あるいは、どのタイミングで買うかが一番重要であると考えるかもしれません。
安い時に買って高い時に売るのが投資の基本ですから、これも納得できる答えです。

しかし、一番重要なものは何かと考えた場合、実は上に挙げた2つではないのです。
実は、ほかにもっと大事なものがあります。

(さらに…)

【iDeCo】確定拠出年金ではインデックスファンドを買いましょう

2011年7月2日 土曜日

個人型、企業型を問わず、確定拠出年金で運用に使える投資信託はアクティブファンドとインデックスファンドに分かれます。例えば日本株の投資信託だったら、日経225やTOPIX などの指数に連動するインデックスファンドもあれば、積極的なリターンを追及するアクティブファンドもあります。実は、このどちらを使うかは、かなり大きな問題です。

(さらに…)

SBI証券で401Kの運用 その3

2010年7月15日 木曜日

SBI証券で401Kの運用の続きです。

3ページ目ですね。

ここまでで、どのファンドに投資したら良いかという事を見てきました。

SBI証券で401Kの運用 その1
SBI証券で401Kの運用 その2

最後にそれぞれのファンドで、どのような比率で投資すれば良いか見てみましょう。

(さらに…)

SBI証券で401Kの運用 その2

2010年7月15日 木曜日

SBI証券で401Kの運用する場合のケーススタディの続きです。

最初から読む方は、こちらをご覧下さい。

SBI証券で確定拠出年金の運用を行う場合、どのファンドを選んだら良いのでしょうか?

このページでは、具体的にファンドを選んでみましょう。

(さらに…)

SBI証券で401Kの運用

2010年7月15日 木曜日

SBI証券で確定拠出年金を購入する場合、どのように運用すれば良いか考えてみました。

想定としては、月々の投資額が2万円の40代までの比較的若い人を考えています。

これより上の年齢になると、もう少し債券の比率を増やした方が良いでしょう。

ちなみに、確定拠出年金を取り扱う金融機関の中ではSBI証券がイチオシです。

SBI証券をおすすめする理由は、こちらをご覧下さい。

(さらに…)