‘国民年金’ カテゴリーのアーカイブ

国民年金は約10年で元が取れる| おおざっぱな議論ですが、イメージは沸くはずです

2016年10月1日 土曜日

老齢年金の保険料は、現在のところ、月々16,260円です。ということは、40年で780万4800円の保険料を支払うことになります。

一方、現在、1年で780,100円の給付があります。これは支払った保険料の10分の1に相当する金額です。ということは、約10年で元が取れるという計算ですよね。

(さらに…)

事務処理のミスで未納付だった国民年金保険料を無期限で払えるよう変更へ| そりゃそうだ

2015年11月24日 火曜日

国民年金の保険料は、事務処理のミスで納められない事もあります。この場合は未納となり、将来の年金が減らされてしまいます。

相手側のミスとは言え、保険料を払っていないので、減額は致し方ないところでしょう。

(さらに…)

国民年金の第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の人数と比率はどうなっている?

2015年11月14日 土曜日

国民年金の被保険者1 は第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の3つに分けることが出来ます。

それでは、第1号、第2号、第3号の比率って、一体どうなっているのでしょうか。それぞれ何人ぐらいの被保険者がいるのでしょうか。

常識的に考えれば、いわゆるサラリーマンが該当する第2号がもっとも多いような気はするのですが。ちょっと調べてみました。

(さらに…)

  1. 公的年金の被保険者というのは、制度を知らない人に説明するのが非常に難しい言葉です。大雑把な理解としては、年金の保険料を払う世代の人のことを被保険者というのだと思っていいでしょう。例外もありますが、20歳から60歳までの日本に住む人のことを指します。 []

2万5000人もの人が20年以上国民年金の保険料を払い続けても年金が貰えない

2014年9月2日 火曜日

厚生労働省のサイトを見ていたら、面白い統計を見つけました。どんな統計かというと、65歳以上の無年金者が何年分の国民年金保険料を納めたかと言う統計です。

これを見ていると、かなり長い期間保険料を払っているのに、年金が貰えない人がいることがわかります。具体的書くと、約2万5000人もの人が、20年以上保険料を払っているのに年金を貰えていないのだそうです。

(さらに…)

国民年金保険の保険料納付済期間とは

2014年9月2日 火曜日

国民年金に関して絶対に知っておいたほうが良い用語に、保険料納付済期間という言葉があります。このページでは、保険料納付済期間がどのように定義をされているか確認した上で、どうして重要なのかを簡単に見てみましょう。

(さらに…)

国民年金と言う仕組は何のために作られたのか?

2014年9月2日 火曜日

国民年金と言うのは、何のために作られた仕組なのでしょうか。

制度を理解するためには、どうしてそういう仕組が作られたのかを知るのが大事ですよね。ですから、このページでは、どういう目的で国民年金が作られたのかを確認してみることにしましょう。

(さらに…)

障害基礎年金と障害厚生年金の要件を満たすかどうかはいつ判断される?

2014年8月26日 火曜日

身体障害者に対する公的な年金制度として、障害基礎年金と障害厚生年金という2つの年金があります。これらの年金を受給する条件を満たすかどうかを判断するには、障害の程度を認定しないといけません。この認定はいつ行われるのでしょうか。

日本年金機構のサイトによると、この認定日は次のように決められています。

初めて医師の診療を受けたときから、 1年6ヵ月経過したとき(その間に治った場合は治ったとき)に障害の状態にあるか、または65歳に達するまでの間に障害の状態となったとき。

基本的には1年6か月経ったところで判断するわけです。ただ、その前に治っていれば、そのタイミングで判断します。

さて「治る」という表現って、ちょっと不思議に感じませんか?身体障害者になったのに「その間に治った場合」って何だろうと思いますよね。

実はここでは、症状が固定化することを治ると表現しているのです。例えば事故で片腕を失った人がいたとします。現在の医療技術だとその人の腕は永遠に失われたままですよね。となると、この人にどんなことをしても失った腕は戻ってこないわけです。こんな状態を法律では治ると表現しています。

このあたりの知識が無い人が上の説明だけ読むと、理解するのが難しいでしょう。変な誤解をしてしまう可能性も大きいですよね。

20歳未満の人が身体障害者になった場合、障害基礎年金はもらえるのか?

2014年8月26日 火曜日

17歳の高校生が交通事故にあい、身体障害者になってしまいました。さて、この高校生は、将来的に障害基礎年金がもらえるでしょうか。

(さらに…)

平均寿命が長いのに保険料も年金額も同じ?公的年金制度は女性の方が有利

2014年7月29日 火曜日

公的年金制度には色々と不公平な部分があります。

完全に公平な制度と言うのは無いので、不公平があること自体は仕方がないことだと思います。ただ、有利不利があることを知っておくこと自体は、年金制度について考える上で意味があるでしょう。

(さらに…)

海外に住んでいる日本人の国民年金と厚生年金

2014年7月27日 日曜日

日本人が海外に住んでいる場合、年金の保険料の支払いはどうなるのでしょうか。

保険料の支払いには影響するのでしょうか。あるいは、不利な状況になったりするのでしょうか。海外に住む人には、結構気になるところです。

実は、その人の置かれた状況で、かなりの違いがあるようです。

(さらに…)

国民年金保険料の納付義務があるのは誰?

2014年7月24日 木曜日

国民年金の第1号被保険者は、自分自身の年金の保険料納付義務を負っています。

もしかしたら誤解している人もいるかも知れませんが、法律の条文としては国民年金の保険料の納付は義務なのです。納めるかどうかは自由というわけではありません。

まあ、実際には、第1号被保険者のかなりの割合の人が保険料を納めていません。ですから、義務といわれてもピンときませんけどね。

(さらに…)

国民年金の第3号被保険者はお得な制度

2014年7月24日 木曜日

国民年金には第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者という3種類の被保険者がいます。

第2号被保険者というのは、要するにサラリーマンのことですね。第3号被保険者は、第2号被保険者の配偶者で稼ぎが無い人のことです。そして、第1号被保険者は、第2号でも第3号でもない人のことを言います。

イメージとしては、第1号被保険者が自営業者や学生、第2号被保険者がサラリーマン、第3号被保険者がサラリーマンの妻(専業主婦)という感じでしょうか。細かく書くと、もっといろいろとあるのですけどね。

(さらに…)

老齢厚生年金の繰下げ受給

2014年7月22日 火曜日

国民年金の老齢基礎年金と同様、老齢厚生年金も繰下げ受給が可能です。繰下げ受給というのは、文字通りの意味です。受給開始のタイミングを遅くすることができるということですね。

受給開始のタイミングを遅くするメリットは、一言で言うと、受け取る年金額を増やすことができるという点にあります。一度増えた年金はずっとそのままなので、長生きすることができれば、65歳でもらうよりも受け取る年金の総額が大きくなるわけです。

(さらに…)

加給年金って何だ?配偶者や子供がいると年金の受給額が増える仕組み

2014年7月22日 火曜日

厚生年金には加給年金という仕組みがあります。どんな仕組みかを一言で言うと、年金の受給者に生計を維持される配偶者や子供がいるときに年金額の増額がある仕組みです。

金額的にも結構バカにならない額なので、関係しそうな人はそういう仕組みがあることくらいは覚えておきましょう。

(さらに…)

国民年金の学生納付特例制度って何だ?

2014年7月21日 月曜日

一定の条件を大学生などの学生は、申請をすることで国民年金の保険料の納付が猶予されますこれを学生納付特例制度といいます。

ただ、どんな人でもこの特例が認められるわけではありません。前年の本人の所得が一定額以下である必要があります。

(さらに…)