日本版401k って何?確定拠出年金と同じものなの?

401k と言われても分かりにくい

日本版401k

「401k」とか「日本版401k」という言葉を聞いたことがある人が多いと思います。でも、401K と言われても、何のことやら分からないという人も多いでしょう。少なくとも、字面から何かを読み取るのは不可能です。

もう少し知識がある人は、401k が確定拠出年金と関連があることをご存知だと思います。そんな方でも確定拠出年金と401k にどんな関係があるかは分かりませんね。

401k とは

さて、401Kとは何なのかウィキペディアで調べてみました。引用してみましょう。

その名前は1978年米国内国歳入法(Internal Revenue Code of 1978)の条項名(401k)にちなみ、退職所得補償金積立に対する課税上の恩典が与えられている。対象は企業の従業員である。

ということで、「米国内国歳入法」と言う法律の401条k項が定めた仕組みなので401kと言うわけです。つまり、401k というのはアメリカの法律を指したものだったのです。

日本に確定拠出型の年金を取り入れる際に、アメリカの確定拠出年金を参考にしました。この影響で、日本の確定拠出年金を日本版401k と呼ぶ人がいるわけです。

最近は、この言い方をする人は減ってきているような気もします。それでも、未だにこの言い方をする人も多いので、覚えておいて損は無いでしょう。


●確定拠出年金をはじめるには

確定拠出年金を選ぶポイントの一つが手数料です。手数料に関しては、「確定拠出年金の手数料」をご覧下さい。

また、手数料の点でお得なのがSBI 証券です。節税効果のシミュレーションなども出来るので、その点もチェックしてみてください。

スポンサードリンク