老後の資金を大きく増やせる可能性があるのでお得│確定拠出年金のメリット

確定拠出年金の魅力は運用次第で大幅に増やせること

確定拠出年金の魅力の一つに、運用次第で年金を大幅に増やせる可能性があると言う点があります。
これは魅力の一つと要っても良いでしょう。

これまで日本では、年金に関連する商品は加入時点で受け取り年金額が決まっているものがほとんどでした。
民間の商品では、生保が販売している定額個人年金が中心でした。
国民年金の上積みのである国民年金基金もそうです。

そういった金融商品と一線を画するのが確定拠出年金なのです。

もっとも、最近は生保が変額年金保険の販売を始めるなど、状況は変わってきています。

大幅に増やせるかもしれない=大幅に減る可能性がある

大幅に増やせる可能性があるというのは、当然メリットです。
しかし、裏を返すと、大幅に減る可能性があるという現実もあります。

運用に大きく失敗したら、その結果は悲惨なものです。
掛金の総額の半分しか年金がもらえないという事だって十分にありえます。
自分はどの程度リスクが取れるのかを見極める力が重要です。

インフレへのヘッジにもなっている

確定拠出年金の年金額が増える可能性がある事が、インフレ対策になっていると言う点も重要です。

生保がやっている定額年金保険などは、開始時点で受取額が決まっています。
仮にインフレがあって、物価が2倍になったとしても年金額は変わりません。
これは、将来のために積立てていたお金が半額になったのと同じことです。

しかし、株式や不動産は物価に応じて値上がりする商品です。
インフレが起これば、それにつれて価格が上がるわけです。
その結果、インフレが起きても年金資産が目減りしないのです。


●確定拠出年金をはじめるには

確定拠出年金を選ぶポイントの一つが手数料です。
手数料に関しては、「確定拠出年金の手数料」をご覧下さい。

また、手数料の点でお得なのがSBI証券です。
節税効果のシミュレーションなども出来るので、その点もチェックしてみてください。

スポンサードリンク