このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

2000万円貯めるにはどうすればいいか?

老後の生活資金が2000万円不足するという意見があります。2000万円という金額が妥当かどうかは別にして、自分である程度のお金を用意しておいたほうが良いのは事実でしょう。

それでは、実際に2000万円貯めるには、毎年いくら積み立てていけば良いのでしょうか。運用利回りごとに、必要な積立額をチェックしてみましょう。

老後のための積立はしておいたほうが良い

2019年の6月に、公的年金だけでは2000万円足りなくなるという金融庁のレポートが話題になりました。

このレポートが話題になった背景には、年金問題を使って政権批判をしたいという野党の思惑もあったようですね。参院選前だったこともあったのでしょう。

もっとも、公的年金だけでは足りないというのは、多くの人が認識していることでしょう。ですから、「今更何を言っているのだろう?」と冷めた味方をしている人も多かったようです。

それに、2000万円という数字の根拠も曖昧です。というのも、将来受け取る年金は、人によってかなりの差があるからです。老後の生活水準だって、人によって差があるでしょうしね。

更に言うと、現在から将来の物価上昇を予想するのは不可能です。年2%とか3%程度のインフレが続くだけでも、必要になる金額は全く違ってくるでしょう。

老後に備えて、ある程度の金額を貯めるのは必要なことです。ただ、2000万円という金額に合理的な理由は乏しいと考えるべきでしょうね。

2000万円貯めるのに毎年何円積立が必要?

とは言え、ある程度目標を決めておくと、資産運用がしやすいのも事実です。せっかく2000万円という数字が出てきたました。

この金額を貯めるためにはどうやって積み立てれば良いのか考えてみるのも、一定の価値はあるでしょう。そこで、2000万円を貯めるには、1年にいくら積み立てればいいかを計算してみましょう。

具体的には、20年、30年、40年を掛けて2000万円を貯めるという想定にしましょう。また、運用利回りは、年0%、1%、3%、5%でそれぞれ計算してみましょう。

ちなみに、この計算をするのに、減債基金係数(小数点以下3桁四捨五入)というものを使っています。このため、年間の積立額が1万円単位に丸まった数字になっています。

20年掛けて積み立てる場合

20年掛けて積み立てる場合、毎年の積立額は以下のようになります。

  • 運用利回0%:1,000,000円/年
  • 運用利回1%:900,000円/年
  • 運用利回3%:740,000円/年
  • 運用利回5%:600,000円/年

65歳までに2000万円用意するとしましょう。20年で積み立てるということは、45歳から準備を始めたということになります。

20年もあると、時間的に余裕がありそうですね。しかし、実際のところは、意外と準備は大変なようです。

タンス預金のように全く増やさない場合、年間100万円ずつ貯める必要があります。リスクを取るのが怖いという人だと、毎月8万円以上を貯めていかないといけないのです。

仮に5%で運用した場合でも、年間60万円の積立が必要です。月々5万円積み立てるというイメージですね。

5%で運用するというのは、全額を株式や株式に投資する投資信託で運用するというイメージです。人によっては、かなりのハイリスクと感じる運用でしょう。

それだけリスクをとっても、月々5万円は積み立てないといけません。

30年掛けて積み立てる場合

  • 運用利回0%:660,000円/年
  • 運用利回1%:580,000円/年
  • 運用利回3%:420,000円/年
  • 運用利回5%:300,000円/年

30年掛けられるとなると、準備はだいぶ楽になります。

仮に株式のみを使って運用する場合(5%で運用)、年間30万円積み立てれば良いのです。これは、月額になおすと2万5000円です。

この程度だったら、一般家庭でも、十分に準備できるお金でしょう。

ただ、全く運用しないで貯める場合は、年間66万円も貯めないといけません。月額になおすと5万5000円です。

こうなると、ちょっと大変だと感じる人も居るでしょう。リスクを取って運用することの大切さが、分かるのではないでしょうか。

40年掛けて積み立てる場合

  • 運用利回0%:500,000円/年
  • 運用利回1%:400,000円/年
  • 運用利回3%:260,000円/年
  • 運用利回5%:160,000円/年

40年掛けられるのなら、2000万円の準備はかなり楽です。特に年5%で運用した場合は、月々約1万3000円の積立で済んでしまいます。

40年後に引退するとなると、20歳代後半くらいの人でしょうか。その年代の人は、今後子育てなどもあり、お金がかかる時期もあるでしょう。でも、1万円ちょっとなら、十分になんとかなるはずです。

もっとも、40年も先の話だと、インフレの心配もあります。40年後に2000万円で足りるのかというと、かなり答えに困ってしまいますけどね。

早く始めること、リスクを取ることが大事

上の計算結果を見ると分かるように、2000万円を積み立てるのに重要なポイントは2つあります。

少しでも早く始める
リスクを取って運用する

資産運用では時間が味方になります。ですから、目標が有るのなら、少しでも早く取り組むのが大事です。

また、少しでもリスクを取ることで、月々の負担をかなり軽くすることも可能です。特に、運用期間が長い場合は、負担の大きさが全然違います。

過度に大きなリスクを取ってはいけませんが、リスクを取らないのも合理的とは言えません。まあ、ストレスに感じない程度のリスクは、積極的に取るようにしましょう。

とは言え、リスク商品を運用すると、気になって夜も眠れないという人も居るようです。あるいは、仕事中も株価をチェックしてしまうとかね。

そういう人には、逆に勧めませんけどね。健康や仕事の方が大事ですから。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。