このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

【iDeCo】JAバンクで運用するのはアリ?| 月々の管理コストがちょっと気になります

JAバンクでもiDeCoの取り扱いがあります。JAバンクを窓口に選びiDeCo の運用をするのは、いい選択なのでしょうか。検討してみましょう。

ファンドの種類

JAバンクでは、16本のファンドの取り扱いがあります。1 具体的には、以下のファンドです。

  • DIAM DC国内株式インデックスファンド(0.16200%)
  • たわらノーロード国内債券(0.15120%)
  • たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり>(0.21600%)
  • たわらノーロード先進国株式(0.21600%)
  • たわらノーロード スマートグローバルバランス(積極型)(0.54000%)
  • 農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド(0.97200%)
  • たわらノーロード先進国債券(0.18360%)
  • たわらノーロード先進国債券<為替ヘッジあり>(0.21600%)
  • たわらノーロード スマートグローバルバランス(安定型)(0.54000%)
  • たわらノーロード スマートグローバルバランス(安定成長型)(0.54000%)
  • たわらノーロード スマートグローバルバランス(成長型)(0.54000%)
  • 投資のソムリエ<DC年金>リスク抑制型(0.63720%)
  • 投資のソムリエ<DC年金>(1.18800%)
  • たわらノーロード国内リート(0.27000%)
  • たわらノーロード先進国リート(0.29160%)
  • みずほDC定期預金(1年)

正確には、15本の投資信託と定期預金が1本ですね。カッコ内は信託報酬です。

別のページで書いたとおり、iDeCo の運用で重要なのは、日本国内の株式と、海外の株式の投資信託です。この2つのインデックスファンド(パッシブファンド)が有ることが最低条件です。しかも、その投資信託の手数料(信託報酬)が十分に小さくないといけません。

JAバンクの投資信託の場合はどうかというと、この条件を満たす投資信託が存在します。次の2本です。

DIAM DC国内株式インデックスファンド(0.16200%)
たわらノーロード先進国株式(0.21600%)

DIAM DC国内株式インデックスファンドは、TOPIX に連動する投資信託です。日本株のインデックスファンドの場合、TOPIX 連動と日経平均連動のどちらを選ぶのかという問題があります。

個人的には、TOPIX 連動の投資信託の方をお勧めします。その意味では、この投資信託はおすすめです。信託報酬も低いですしね。

たわらノーロード先進国株式は、MSCI世界株式(除く日本・配当込み)という指数に連動するインデックスファンドです。外国株の指数としては、代表的な指数ですね。

極端な話、iDeCo の運用としてはこの2本を買っていけば十分でしょう。ということで、投資信託の品揃えという意味では、JAバンクは問題が無いと言えそうです。

口座管理手数料が気になる

ただ、JAバンクを全面的におすすめできるわけではなさそうです。というのも、口座管理にかかる手数料が、ちょっと高くつくからです。

運用期間中の毎月の手数料は、積立を行う場合は422円、積立を行わない場合は319円がかかります。つまり、積立を行う場合、年間5,000円近くのコストが掛かるわけです。

これが、例えばSBI証券だと、積立を行う場合は、167円、積立を行わない場合は64円まで下がります。積立を行う場合でも、2倍以上手数料が違うわけです。

ということは、1年間の口座管理手数料に、3,060円の差がでるわけですね。iDeCo の場合は長期の運用になりますから、この差は小さくありません。

運用期間が10年だと3万円の差に、20年だと6万円の差になるわけですからね。これは小さくありません。

ということで、既にJAバンクにiDeCo の口座を持っている場合を除いて、SBI証券の方がおすすめはできそうです。SBI証券は取り扱っている投資信託の数も多いですし。

まあ、JAバンクに既にiDeCo の口座を持っているなら、わざわざ移すかは微妙なところですけどね。


  1. 2019年8月6日現在 []

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。