このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

夫婦で年金受給の世帯で夫が死んだらどうなる?| 遺族厚生年金がもらえるの?

年金の受給世帯で夫が亡くなったら、残された妻の暮らしはどうなるのでしょうか。年金の額は、どのくらい減ってしまうのでしょうか。基本的なケースを確認しておきましょう。

年金受給世帯で夫が死んだらどうなる?

老後の生活資金のやりくりで、大きな転機になるのが、夫の死亡でしょう。妻より先に夫が亡くなるケースですね。

詳しくは後述しますが、妻が先に亡くなっている場合は、実はそれほど困らない事が多いでしょう。金銭的な意味で問題になるのは、夫が死んで妻が残されるというケースです。

しかも、一般的には、夫のほうが妻より先に死ぬケースは、その逆に比べて多いはずです。夫のほうが妻より年上というケースが多いですし、女性の方が平均寿命が長いですからね。

ですから、夫が先に亡くなるケースは、高い確率で起こるものと思っておいた方が良いのです。

さて、こんなケースが実際に起こった場合、老後資金、特に年金はどうなるのでしょうか。

夫が妻よりも先に亡くなった場合の公的年金はどうなっているのでしょうか。

次のようなケースが考えられます

夫婦ともに65歳以上であれば、一般的には、夫の年金と妻の年金を合わせて生活をすることになるでしょう。1

例えば、夫の年金が月20万円(老齢基礎年金6万円、老齢厚生年金14万円)で妻の年金が月5万円(老齢基礎年金のみ)としましょう。こういう場合は、この2つを合わせた25万円で生活をすることになります。

少し用語の解説をしておきましょう。

老齢基礎年金というのは、老後にもらえる国民年金のことです。国民年金は、もらう段になると名前が「基礎年金」に変わるのですね。この事を知らなくて、戸惑う人もいるようですね。

また、老齢厚生年金は老後にもらえる厚生年金ですね。これは名前のとおりです。

さて、このケースでは、仮に妻が亡くなったとしても、夫には月々20万円の年金があります。ですから、まあ、普通に生活はしていけるでしょう。

家族の人数が1人減るわけですから、金銭的な意味では、むしろ少し余裕ができるのかもしれません。一概には言えませんけど。

しかし、亡くなったのが夫だった場合は、ちょっと大変です。というのも、夫の年金がなくなると、収入は妻の年金の月々5万円だけだからです。

これでは生活に困ってしまうと考えられます。実際のところ、どのような事が起こるのでしょうか。

疑問:妻を残して夫が死ぬと、年金が激減するの?

夫の遺族年金(遺族厚生年金)が貰える

実は、こういうケースでも、夫の老齢年金が丸々無くなるわけではありません。今までもらっていた夫の年金の一部は、遺族年金と言う形で受給することが出来ます。

夫婦ともに年齢が高い場合は、おそらく、貰えるのは遺族厚生年金だけでしょう。今回考えているケースでは、遺族基礎年金は受給できないケースが殆どです。2

ですから、より正確に言うと、年金受給者の夫が先に亡くなると夫の老齢基礎年金と老齢厚生年金が貰えなくなるかわりに、夫の遺族厚生年金を貰える可能性が大きいのです。

遺族厚生年金はいくら貰える

今回のケースでは、夫の老齢厚生年金14万円の4分の3にあたる10.5万円の遺族厚生年金を受け取ることになるでしょう。そうすると、月々15.5万円の収入があることになります。

まあ、これでも、新入社員の月収ぐらいはあるわけですね。というのも、年金の場合は高額にならない限り税金もかからないのです。

それに、会社員のように厚生年金の保険料も要りません。ですから、税金やら社会保険料を払った後の手取りで考えれば、新入社員の手取りレベルと考えて差し支えないわけです。

このくらいあれば、一人ならなんとか暮らしていけそうです。

とは言え、今まで月々25万円で生活していたのが、約10万円減ってしまうわけです。家族が一人減ったとはいえ、生活は楽では無いでしょう。

こうなってくると、生活水準を下げて対処するのが一般的です。とは言え、生活のレベルを下げるのは、一般に難しいとされています。

対応に苦慮するケースも多そうですね。

今回のケースでは、夫の遺族厚生年金が受け取れる

遺族厚生年金と老齢厚生年金は一緒にはもらえない(原則)

今回のケースでは、妻は老齢厚生年金をもらっていませんでした。ということは、おそらく、厚生年金には入らずにずっと国民年金だけだったという事ですね。

実は、こういうケースは、まだシンプルなのです。仮に妻が老齢厚生年金を貰っていたとすると、話はさらに複雑になります。

老齢厚生年金をもらっているということは、若いときに、少しでも正社員として働いていたようなケースが多いでしょう。この場合は、選択肢がかなり増えるのです。

具体的には、妻は次の3つのパターンから1つを選ばないといけません。

  • 自分の老齢厚生年金 + 老齢基礎年金
  • 夫の老齢厚生年金の4分の33 + 老齢基礎年金を受け取る
  • 妻の老齢厚生年金の2分の1 + 夫の老齢厚生年金の2分の1 + 老齢基礎年金

なぜこんな選択をしないといけないかというと、老齢厚生年金と遺族厚生年金は同時に受け取ることができないからです。原則として、どちらか一方を選ばないといけません。

特に、2番めを選ぶ場合は、今までもらっていた妻の老齢厚生年金が全く貰えなくなるということです。高い保険料を払っていた事を考えると、ちょっと腑に落ちない部分はありますね。

また、夫の老齢厚生年金4 と妻の老齢厚生年金の2つを受け取る場合は、3番めにあるように減額されるわけですね。こういうのを併給調整といいます。

遺族厚生年金と老齢厚生年金を同時に満額受け取ることはできない。

どのパターンが有利かはケース・バイ・ケース

この3つのうち、どのパターンが有利になるでしょうか。一つ例を挙げて考えてみましょう。

例えば、夫の生前の年金が、上の例と同じく月20万円(老齢基礎年金6万円、老齢厚生年金14万円)だったとします。そして、夫の生前の妻の年金が月10万円(老齢基礎年金5万円、老齢厚生年金5万円)だったとしましょう。

つまり、最初の例とは少し違い、妻に厚生老齢年金の受給権があるわけですね。ということは、併給調整も発生します。

この場合、上の3つを計算するとそれぞれ次のようになります。

  • 10万円(=5万円+5万円)
  • 15.5万円(=10.5万円+5万円)
  • 14.5万円(=2.5万円+7万円+5万円)

ということで、この場合も、妻の老齢基礎年金と夫の遺族厚生年金が一番多いという結果になります。しかし、妻の老齢厚生年金の額が大きければ、1番目や3番目の方が有利になる事もあるわけです。

ようするに、どのパターンが有利かは、ケース・バイ・ケースということになります。実際、金額の設定次第では、他の選択肢のほうが金額が大きくなるケースも設定できます。

また、どのパターンを選んでも、夫の生前と比べると年金の額は大きく減ることになります。夫の遺族厚生年金を選ぶと妻の老齢厚生年金が貰えなくなるので、妻が老齢厚生年金をもらっていないケースよりは大きい減額があるからです。

どの組み合わせが有利かは、一概には言えません。しっかり計算して有利なものを選びましょう。

細かい話は専門家に相談したほうが良い

具体的にどの方法が有利かは、社会保険事務所などで相談した方が良いでしょう。相談と言っても難しい話ではなく、どの方法が有利かすぐに教えてくれるはずです。

あるいは、市区町村でも相談に乗ってくれるようです。自信がない人は、まず専門家を頼ってみましょう。

ただ、このような選択肢があることは覚えておいたほうが良いでしょうね。こんなふうに選べることを知らないと、何を相談していいかも分かりませんから。

ちょっと補足:一見異なる計算式で混乱しないように

夫が亡くなった妻の年金で、「妻の老齢厚生年金の2分の1 + 夫の老齢厚生年金の2分の1 + 老齢基礎年金」という計算式で年金額が決まるケースがあることをご紹介しました。しかし、このような書き方ではなく、「妻の老齢厚生年金の2分の1 + 夫の遺族厚生年金の3分の2 + 老齢基礎年金」と書いてあるケースもあります。

一瞬、どちらかが間違っているのでは無いかと思うかもしれません。しかし、実際には、どちらでも同じ事です。

遺族厚生年金の受給額は、もともと、老齢厚生年金の4分の3です。ということは、遺族厚生年金の3分の2というのは、次のように変形できます。

遺族厚生年金の受給額 × (2/3)
= 老齢厚生年金の受給額 × (3/4) × (2/3)
= 老齢厚生年金の受給額 × (1/2)

このように、どちらも同じものなのです。

計算自体は小学校3年生とか4年生レベルの算数でしょう。ただ、老齢厚生年金と遺族厚生年金の関係がわからないと混乱するかもしれませんね。

こういうケースに備えるためにiDeCoが必要

妻が老齢厚生年金をもらえるかどうかは別にして、夫が先になくなると、年金額が大きく減ることが考えられます。こういうケースに備えるためにも、iDeCo などをつかって老後の生活資金を準備しておかないといけないわけですね。

例えば月々3万円分を自分で用意したとして、使えるお金が月15.5万円から月18.5万円に増えたとします。この3万円が有るだけで、かなり生活に余裕ができるはずです。

15.5万円だと必要最小限のものを買うとお終いでしょうが。そこから3万円あれば、多少の贅沢は出来ます。

もちろん、厳しい生活でしょうけどね。無いよりははるかにマシです。少しずつでも良いので、しっかりと準備をしていきましょう。

iDeCo などを使って、老後資金はしっかりと準備しましょう。


  1. もっとも、これは、夫が会社員ならという前提が必要です。例えば夫が個人事業主で、妻がそれを手伝っているような場合は、年金だけでは生活するのは難しいかもしれません。 []
  2. 遺族基礎年金を受給するには、18歳の3月に達していない子供が必要なのです。 []
  3. 夫の老齢厚生年金の4分の3というのは、実は夫の遺族厚生年金の金額です。今までもらっていた年金との比較をしやすくするために、このような書き方をしています。 []
  4. 正確には、遺族厚生年金と言うべきでしょうか。 []

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。