このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

夫婦で年金受給の世帯で夫が死んだらどうなる?| 遺族厚生年金がもらえるの?

年金の受給世帯で夫が亡くなったら、残された妻の暮らしはどうなるのでしょうか。年金の額は、どのくらい減ってしまうのでしょうか。基本的なケースを確認しておきましょう。

年金受給世帯で夫が死んだらどうなる?

老後の生活資金のやりくりで、大きな転機になるのが、夫の死亡でしょう。夫が死んで、妻が残されるというケースですね。

夫婦ともに65歳以上であれば、夫の年金と妻の年金を合わせて生活をしていたはずです。例えば、夫の年金が月20万円(老齢基礎年金6万円、老齢厚生年金14万円)で妻の年金が月5万円(老齢基礎年金のみ)なら、25万円で生活をしているわけですね。

ちなみに、老齢基礎年金というのは、国民年金の老後の年金の事を言います。

このケースで、仮に妻が亡くなったとしても、夫には月々20万円の年金があるわけです。ですから、まあ、普通に生活はしていけます。

しかし、亡くなったのが夫だった場合、妻の年金は月々5万円だけです。これでは生活に困ってしまうと考えられます。

夫の遺族年金が貰える

実は、こういうケースでも、夫の老齢年金が丸々無くなるわけではありません。今までもらっていた夫の年金の一部は、遺族年金と言う形で受給することが出来ます。

今回のケースでは、夫の老齢厚生年金14万円の4分の3にあたる10.5万円の遺族厚生年金を受け取ることになるでしょう。そうすると、月々15.5万円の収入があることになります。

まあ、これでも、新入社員の月収ぐらいはあるわけですね。というのも、年金の場合は高額にならない限り税金もかかりませんし、会社員のように厚生年金の保険料も要らないからです。

ですから、税金やら社会保険料を払った後の手取りで考えれば、新入社員レベルというところなわけです。

とは言え、今まで月々25万円で生活していたのが、約10万円減ってしまうわけです。一人減ったとはいえ、生活は楽では無いでしょう。生活のレベルを下げるのは、一般に難しいとされていますし。

遺族厚生年金

今回のケースでは、妻は老齢厚生年金の受給資格がありませんでした。要するに妻は、厚生年金には入らずに、ずっと国民年金だけだったという事ですね。

仮に妻が老齢厚生年金を貰っていたとすると、話は複雑になります。具体的には、妻は次の3つのパターンから1つを選ばないといけません。

  1. 自分の老齢厚生年金+老齢基礎年金
  2. 夫の老齢厚生年金の4分の3+老齢基礎年金を受け取る
  3. 妻の老齢厚生年金の2分の1+夫の老齢厚生年金の2分の1+老齢基礎年金

例えば、夫の生前の年金が、上の例と同じく月20万円(老齢基礎年金6万円、老齢厚生年金14万円)だったとします。そして、夫男生前の妻の年金が月10万円(老齢基礎年金5万円、老齢厚生年金5万円)だったとしましょう。

この場合、上の3つを計算するとそれぞれ次のようになります。

  1. 10万円(=5万円+5万円)
  2. 15.5万円(=10.5万円+5万円)
  3. 14.5万円(=2.5万円+7万円+5万円)

ということで、この場合も、妻の老齢基礎年金と夫の遺族厚生年金が一番多いという結果になります。しかし、妻の老齢厚生年金の額が大きければ、1番目や3番目の方が有利になる事もあるわけです。

ちょっと補足

夫が亡くなった妻の年金で、「妻の老齢厚生年金の2分の1+夫の老齢厚生年金の2分の1+老齢基礎年金」という計算式で年金額が決まるケースがあることをご紹介しました。しかし、このような書き方ではなく、「妻の老齢厚生年金の2分の1+夫の遺族厚生年金の3分の2+老齢基礎年金」と書いてあるケースもあります。

一瞬、どちらかが間違っているのでは無いかと思うかもしれません。しかし、実際には、どちらでも同じ事です。

遺族厚生年金の受給額は、もともと、老齢厚生年金の4分の3です。ということは、遺族厚生年金の3分の2というのは、次のように変形できます。

遺族厚生年金の受給額 × (2/3)
= 老齢厚生年金の受給額 × (3/4) × (2/3)
= 老齢厚生年金の受給額 × (1/2)

このように、どちらも同じものなのです。

こういうケースに備えるためにiDeCoが必要

こういうケースに備えるためにも、iDeCo などをつかって老後の生活資金を準備しておかないといけないわけですね。

例えば月々3万円分を自分で用意したとして、使えるお金が月15.5万円から月18.5万円に増えたとします。この3万円が有るだけで、かなり生活に余裕ができるはずです。

15.5万円だと必要最小限のものを買うとお終いでしょうが。そこから3万円あれば、多少の贅沢は出来ます。

もちろん、厳しい生活でしょうけどね。無いよりははるかにマシです。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。