このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

iDeCoと(定額)個人年金保険で有利なのはどっち?

iDeCo と生命保険会社の個人年金保険にはいろいろと共通点があります。どんなところが似ていて、どんなところが異なるのか、比較してみましょう。また、どちらの金融商品の方が有利なのか考えてみましょう。

(定額)個人年金保険とは

生保会社が手がける年金商品の代表といえば個人年金保険です。一般的には、個人年金保険と言った場合、運用の利率である予定利率が決まっている定額個人年金保険を指すことが多いようです。

定額個人年金保険の場合、最初から運用利率が決まっているので、年金の支給開始時点まで生きていた場合にいくら貯まっているかは契約時点で確定しているわけですね。運用の利率が決まっているので「定額」という単語がくっつくわけです。

これに対して、運用によって年金額が変わる変額個人年金保険という金融商品も存在します。こちらのタイプは必ず「変額」という単語が付きます。定額個人年金に比べるとあまり売れないマイナーな存在なので、わざわざ「変額」と付ける必要があるわけです。

確定拠出年金(個人型)と個人年金保険の比較

さて、(定額)個人年金保険と個人型の確定拠出年金(以下≪iDeCo≫と呼びます)には共通点があります。どんなところが似ているのか、比較してみましょう。基本的に確定拠出年金の方が有利な制度ですが、定額年金保険の方が優れている項目もあるようです。

積立型の金融商品である

iDeCo も個人年金保険も、どちらも積立型の金融商品です。毎月一定額を積立定期、老後に年金として受け取るのが基本です。

ただ、iDeCo は月々の掛け金を簡単に変更することが可能ですが、個人年金保険では保険料の変更はちょっと面倒です。

掛金の所得控除

個人年金保険もiDeCo も、どちらも所得控除の対象になります。ここがiDeCoと個人年金保険の最大の共通点でしょう。

しかし、メリットとしてはiDeCo の方が圧倒的に大きいのです。つまり、iDeCo の方が有利な仕組みと言えます。

具体的には、iDeCo の場合は掛け金の全額が所得控除の対象になりますが、個人年金保険では掛け金の一部しか控除の対象になりません。しかも上限が4万円と決まっています。

つまり同じような、老後資金を準備する仕組みにも関わらず、税制的な優遇という意味ではかなりの差があるのです。

年金の受給額

定額個人年金保険は契約した段階で受け取る年金額が決まっています。一方、iDeCo は運用により受け取る額が違います。ここは大きく違う点と言えるでしょう。

ただ、変額個人年金は運用によって年金額が違ってきます。ですからiDeCo は、定額個人年金保険以上に変額個人年金保険に近い商品と言えるかもしれません。

加入要件

個人年金保険は基本的に誰でも契約できますが、iDeCo は加入要件を満たさないと加入できません。その意味では個人年金保険の方が扱いやすい制度と言えそうです。

ただ、iDeCo に加入要件は、以前よりも相当緩和されています。現在では、ほとんどの人が加入できる仕組みと言って良いでしょう。つまり、以前ほどの差はないと言えます。

現金化しやすさ

個人年金保険は、いつでも解約して現金化可能です。ただし、中途解約する場合は元本割れの可能性もありますが。

それに対して、iDeCo は、基本的に中途解約ができません。60歳を過ぎて年金を貰えるまでは、現金化したくてもできないのです。

この点は明らかに個人年金保険の方が有利と言って良いでしょう。

iDeCo を始めるには窓口となる金融機関を選ぶ必要があります。個人的にお勧めしているのは、SBI証券です。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。