このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

【iDeCo】バランス型の投資信託は手数料が高めです

最近(2018年1月現在)は、iDeCo で運用される投資信託の信託報酬(日々払う手数料)がだいぶ安くなっているようです。しかし、一部の投資信託は、いまだに信託報酬が高いので、十分に注意しましょう。また、金融機関によっては、全体的に信託報酬が高いところもあります。

iDeCoの投資信託の信託報酬が下がってきた

最近の傾向として、iDeCo で運用される投資信託の信託報酬が下がってきているようです。1 信託報酬は投資信託を使って運用する際には大きな影響を与えますので、これは良い傾向です。

以前は、ネット証券のSBI証券が、圧倒的に信託報酬が安い投資信託が多かった印象です。しかし最近では、メガバンクや大手の証券会社でも、信託報酬にはそれほど差がない印象があります。

信託報酬が重要だというのが分かってきたので、あまり変な投資信託を入れておけなくなったのでしょう。そうでないと、悪いうわさが広がって、簡単に他社に顧客を取られてしまいますからね。

信託報酬があまり安くない投資信託も含まれている

iDeCo の投資信託の信託報酬は、全体的に安くなったという印象です。しかし、あまり安くない投資信託も含まれています。

具体的には、バランス型の投資信託は信託報酬がかなり高い物もあるようですね。

例えば、みずほ銀行の場合、国内株式の投資信託の信託報酬が、年0.1674%です。それに対して、バランス型の投資信託の信託報酬が0.54%から1.188%なのです。

これって、多分、株式とか債券で信託報酬を上げられない分、バランス型で手数料を取ろうとしていますよね。あくまで推測ですが。

あ、でも、バランス型を暗に勧めているという感じもするのです。投資信託の紹介の時に、最初にで得てくるのがバランス型ですから。

今まで見た記憶だと、バランス型は、一番最後の方にひっそりと置かれていた印象なんですよね。それが一番目立つ場所にあるわけです。

しかも、なぜかバランス型だけ本数が多いですし。どうしても、何かの意図があるように見えてしまいます。

信託報酬が高い投資信託を使っている金融機関も

最近、私が調べた範囲では、iDeCo の投資信託の信託報酬はだいぶ安くなっていました。分散型の信託報酬が若干高いですが、それを避ければ問題はありません。

しかし、窓口になっている金融機関のなかには、未だに信託報酬が高い投資信託しか扱っていないケースもあるようです。もしかしたらかつての水準よりは安いのかもしれませんけどね。

具体的に挙げると、十八銀行とういところは、日経225のインデックスファンドの信託報酬が0.86400%もあります。外国株のインデックスファンドに至っては1.02600%もの信託報酬を取ります。

はっきり言って、これだけ信託報酬が高いと、ちょっと選べません。ここに関しては、TOPIX 連動のインデックスファンドが無いという、別の問題もありますしね。あと、月々の手数料もかなり高いですし。

おっと、特別に十八銀行を批判したいわけではありません。大事なのは、中小の金融機関だと、信託報酬が高いところも多いという事実です。なにも十八銀行だけの問題ではありません。

こういうところは、大手やネット証券などは違うところで戦っているのでしょうね。地元の契約者を相手に、対面で商売をしているので、手数料以外の部分が決め手になるのでしょう。

昔の生保の営業じゃありませんが、義理・人情・プレゼントが効果的なんでしょうね。

まとめ

大手の金融機関やネット証券では、iDeCo の投資信託は信託報酬が安いものがそろってきています。ただ、バランス型の投資信託に関しては、手数料が高い物もあります。この点は注意が必要でしょう。

また、中小の金融機関だと、投資信託の信託報酬が高いこともあるようです。こういうところと契約する場合は、特に注意してチェックすることをお勧めします。

あと、上では詳しく書いていませんが、金融機関に払う毎月の手数料も、意外と影響が大きいです。これも注意したいですね。

ちなみに、これに関しても、中小の金融機関は高いです。


  1. 信託報酬というのは、毎日ちょっとずつ引かれる手数料ですね。信託財産の中から引かれるので私たちは意識しないことが多い手数料です。しかし、運用のパフォーマンスには大きな影響を与えます。 []

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。