このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

確定供出年金っていつからどうやって受け取れるの?

確定拠出年金というのは、いつから受け取ることが出来るのでしょうか。また、何年間くらい年金が受け取れるのでしょうか。

このあたりの事情は、意外と知らない人が多いかもしれません。有利な貯蓄の仕組みだというところばかり強調されて、受け取りの部分に関しては十分に説明されないことも多いですからね。

確認してみましょう。

受け取りに関しては理解していない人が多そうです

確定拠出年金というと、年金の掛け金に対する優遇の話ばかりが取り上げられる傾向があります。でも、年金では、お金を払うこと以上に、お金を受け取るのが大事な話ですよね。

そもそも、生活資金としてお金を受け取るために毎月掛け金を払うわけですから。また、将来どういう形でもらえるかは、老後の人生設計にかかわる話です。

このページでは、このあたりのところを確認しておきましょう。実は、確定拠出年金の給付は意外と複雑な面があります。

老齢年金としての機能について確認します

ところで、確定拠出年金においてお金が支払われるのは、主に3つのタイプがあります。

老齢給付金

1つは老後に支払われるお金です。要するに、老後の年金ですね。これを老齢給付金と言います。

当然ですが、確定拠出年金の加入者は、これを受け取るために確定拠出年金に入っていると言っても良いでしょう。

障害給付金

2つ目は、障害者になった時に支払われるお金です。障害給付金と言います。

老後を迎える前に障害者になったなってしまったようなケースでは、通常より早くお金が支払われることがあるわけです。

死亡一時金

そして、3つ目が死亡一時金です。年金に入っている本人が死んでしまったら、給付も何もありませんからね。その場合は、本人が亡くなった後に、遺族に一時金の形でお金が支払われます。

脱退一時金が払われることもある

あと、これは例外中の例外ですが、脱退一時金というのが支払われることもあります。名前の通り、確定拠出年金を途中で抜ける時に支払われるお金です。

ただ、途中での脱退が認められるのはかなりのレアケースです。ですから、これはあまり考慮に入れないで良いでしょう。

一番重要な老齢給付金についてチェックしてみましょう

とりあえず、このページでは、一番最初の老齢給付金についてチェックしてみましょう。確定拠出年金の給付の中で、一番需要な部分です。

確定拠出年金でお金が受け取れるのは老後だけではない。障害給付や死亡一時金もある。

運用機関によって給付の体系が微妙に違うのが厄介な点

確定拠出年金(個人型)の老齢給付金でちょっと厄介なのが、金融機関によって微妙にやり方が違うと言う点です。

基本的な部分に関しては、確定拠出年金法という法律で決まっているんですけどね。細かい部分に関しては、金融機関に裁量が与えられているのです。

まあ、大筋の部分は決まっているので、とりあえずその部分を確認しておくのが良いでしょう。

確定拠出年金の給付は有期年金か終身年金

まず、確定拠出年金の老齢給付金がどうやって支払われるかですが、有期年金か終身年金で支払われるというのが基本です

有期年金というのは、あらかじめ定められた期間は年金が支払われるという事です。期間が決まっているので、有期年金です。老齢給付金では5年以上と決まっています。

例えば、60歳に支給開始で期間が10年だったら、70歳になるまで年金が支払われるというわけですね。生命保険会社の個人年金保険と近い形ですね。

そして、終身年金というのは、生きている間は年金が支払われるというタイプの年金です。これも名前の通りでしょう。

でも、金融機関の多くが、終身年金についてあまり積極的に説明していないようですね。まるで、存在しないかのような書き方をしているところが多いです。厚生労働省のサイトには、ばっちり書かれているのですけどね。

終身年金での支払いを行うには、保険のノウハウが必要です。ですから、証券会社や銀行の中には、対応していないところも多いのかもしれません。

もっとも、そもそも給付に関しては、金融機関のサイトなどを見てもあまり情報が出てこないのですけどね。率直に言って、理由まではちょっとわかりません。

年金で受取るときには有期年金が一般的です。

年金ではなく一時金で受取ることも可能

また、確定拠出年金は一時金で受け取れる場合もあります。これも金融機関によって対応している場合としていない場合があるようですね。

さらに、一部を一時金で受け取り、残りを年金で受け取るという事が出来る場合もあります。上にも書きましたが、対応状況は金融機関によって様々です。

確定拠出年金の老齢給付金は、年金としてもらうのが基本です。しかし、一時金でもらえるケースもあります。

年金が有利か一時金が有利かはケースバイケース

受取るときに年金が有利なのか、一時金が有利なのかは、一概には言えません。どちらも所得税の課税対象になるのですが、どちらが税制上有利かは人によって異なるからです。

もっとも、どちらの方法で受取っても税金が掛からないという人も多いのですけどね。退職金が多い人などだと、受け取り方を検討しないといけないケースもあるのです。

話がそれるので、ここではこれ以上深入りしません。

確定拠出年金はいつから受け取れるか

次に、確定拠出年金の老齢給付金はいつから受け取れるのかについて見ていきましょう。

まず、老齢給付金の受給開始ですが、一番早い場合で60歳からです。希望すれば、多くの人が60歳から受給できることになっています。

希望すれば60歳から受給できるのが原則。

60歳から年金が受け取れないケースも

多くの人がと書いたのは、希望しても60歳から受け取ることが出来ない場合も存在するからです。というのも、60歳から受け取るには、それまでに最低でも10年分(120か月分)は掛け金を支払っていないといけないのです。これは、企業型と個人型を合算して10年分という事ですね。

掛け金を支払った期間がそれよりも短いとどうなるかというと、受給開始年齢が遅れていくことになります。一番遅い場合は、希望しても65歳までは受け取れないことになるのです。

また、本人の意思で受給開始を70歳まで遅らせることも出来ます。ですから通常は60歳から70歳の間で選べると考えてください。

希望すれば60歳から年金を受け取れるというのが基本。

受給を遅らせる方が有利かも

それでは、何歳から受け取るのが良いのかという話になりますが、これは個人個人事情が異なるので何とも言えません。ただ一つ言えるのは、受け取るのを遅くした方が年金額が大きくなる確率が高いという事です。

なぜなら、60歳から年金受け取りまでは、新たに掛け金を掛けることはできません。しかし、これまでのように運用をすることはできるのです。

運用の結果増えるかどうかはケースバイケースですが、確率的に考えたら、当然ですが増える確率の方が大きいわけです。つまり、経済的に余裕があるのなら、受け取りを遅くするのも一つの考え方というわけです。

あ、もちろん、投資は自己責任でお願いします。仮に運用に失敗して受け取る年金が減っても、責任は負えません。

また、税制上の理由で、会社を辞めてから数年たってから一時金でもらう方が有利というケースもあります。いつから受け取るかは、意外と難しい問題です。

確定拠出年金をいつ受け取るかは、意外と難しい問題です。人によって状況が違うので、総合的に判断するしかありません。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。