このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

国民年金基金の地域型の合併を検討| 遅すぎるくらいだと思うのですが

国民年金基金の地域型の合併を検討| 遅すぎるくらいだと思うのですが

自営業者などが入る国民年金基金には地域型と職能型という2つのタイプがあります。このうち地域型は、都道府県単位で設置されています。

この地域型で合併しようという案が浮上しているようです。時事通信の記事を読んでも詳しいことは分からないのですが、一つの大きな基金にしようということのようですね。1

そもそも、都道府県ごとに分けるメリットって、あまり無いんですよね。むしろ、都道府県をまたいで引越しをしたときに、面倒な手続きがはっせいするというデメリットがあるくらいです。資格喪失手続きをしてから、移転先で加入しなおす必要があるのです。

こんなばかげた仕組みですから、当然もっと早く改めておくべきだったわけです。率直に言っていまさらという感じはしますが、やらないよりはずっとマシだと思います。

ちなみに、個人的には、国民年金に入るくらいなら確定拠出年金(個人型)をお勧めします。理由はサイト内で詳しく説明しているので、興味がある人はチェックしてみてください。


  1. 国民年金基金、合併検討=19年4月―利便性を向上
    時事通信 2016年7月5日 []

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。