このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

厚生年金は公的年金、厚生年金基金は私的年金| 何てややこしいんだ!

日本の年金制度を分類するには、いくつかの方法があります。その中でもっとも良く使われる分類は、公的年金と私的年金という分類でしょう。

日本の年金 = 公的年金 + 私的年金

名前を見れば明らかなように、公的年金というのは国民年金や厚生年金などの国の年金のことです。そして、私的年金というのは、公的年金以外のものと考えられば良いでしょう。

私的年金はさらに2つに分けられる

私的年金はさらに、企業年金と個人年金の2つに分類できます。企業年金というのは、厚生年金基金などの企業単位で入る年金のことです。個人年金というのは、財形年金や個人年金保険などが該当します。

私的年金 = 企業年金 個人年金
企業年金:厚生年金基金、確定給付企業年金など
私的年金:個人年金保険、財形年金など

確定拠出年金はどこに分類される?

それでは、このサイトで取り扱っている確定拠出年金はどこに当たるのでしょうか。

まずは、公的年金か私的年金かという分類では、私的年金に分類されます。そして、企業年金か個人年金かというと、その両方に該当します。

両方というのはどういうことかというと、確定拠出年金には「企業型」「個人型」の2つのタイプがあるからです。当然ですが、「企業型」は企業年金に分類され、「個人型」は個人年金に分類されます。

名前を見ただけでは分かりづらい部分も

この公的年金と私的年金という分類は、年金の知識が無い人には分かりづらく感じるかもしれません。例えば、「厚生年金基金」という名称だけをみると、公的年金のように感じてしまいますよね。

でも、「厚生年金基金」は上で書いたとおり、私的年金なのです。公的年金である「厚生年金」と名前は似ていますし関連もありますが、全く別物だからです。

「厚生年金基金」の不祥事が問題になったりすると、Yahoo!ニュースなどで政府や厚生労働省をバッシングしている人がかなり多いのに気づかされます。でも「厚生年金基金」は私的年金なので、基本的には国は関係ありません。つまり、見当違いな理由で政府批判をしているわけです。

政府批判をする名とは言いませんが、せめて事実関係を把握した上で攻撃した方が良いですよね。こういう人たちは、自分の無知をさらしているだけですから。

とは言え、混乱する人が多いのも、分からなくはありませんけどね。



このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。