このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

国民年金と言う仕組は何のために作られたのか?

国民年金と言うのは、何のために作られた仕組なのでしょうか。

制度を理解するためには、どうしてそういう仕組が作られたのかを知るのが大事ですよね。ですから、このページでは、どういう目的で国民年金が作られたのかを確認してみることにしましょう。

国民年金法をチェックしてみよう

国民年金というのは、国民年金法という法律が根拠になった制度です。ですから、国民年金法の目的に関する条文をチェックすると、国民年金という制度が作られた目的もはっきりするでしょう。

国民年金法の第1条には、次のようなことが書かれています。

(国民年金制度の目的)
第一条  国民年金制度は、日本国憲法第二十五条第二項 に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によつて国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によつて防止し、もつて健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする。

ここで重要なのは、国民年金と言う仕組は、「老齢」だけを問題にしているわけではないと言う点でしょう。「障害」「死亡」も念頭に制度が作られているということです。「老齢」「障害」「死亡」があっても、国民生活が維持できるようにしましょうという仕組です。

ちなみに、ここで言う「障害」はケガを表す「傷害」とは違う意味です。「障害」と書いた場合は、身体障害者の障害という意味で使われます。要するに、体の機能が失われたと言う意味ですね。

次に、条文には「国民の共同連帯」と言う文言があります。これは要するに、みんなで保険料を出し合って制度を支えましょうと言う意味で捉えればいいのでしょう。法律の条文上は、自分だけ無責任ではいけませんよと言っているわけです。

ちなみに、国民年金の根拠になる日本国憲法第二十五条第二項というのは、以下のような条文です。

国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。