このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

確定拠出年金の第1号加入者、第2号加入者って何だ?

確定拠出年金に関する文章を読んでいると、第1号加入者および第2号加入者という単語が出てきます。これらはそれぞれどういうものなのでしょうか。確認してみましょう。

まず、国民年金基金の確定拠出年金のサイトによると、「『第1号』『第2号』というのは、確定拠出年金法第62条第1項の該当号」なのだそうです。また、「国民年金の被保険者種別に相当する」という説明もあります。

ということで、条文を確認してみましょう。

第62条  次に掲げる者は、厚生労働省令で定めるところにより、連合会に申し出て、個人型年金加入者となることができる。
(1)   国民年金法(昭和34年法律第141号) 第7条第1項第1号 に規定する 第1号 被保険者( 同法第89条(第2号に係る部分に限る。)、第90条第1項又は第90条の3第1項の規定により 同法 の保険料を納付することを要しないものとされている者及び 同法第90条の2第1項 から 第3項 までの規定によりその一部の額につき 同法 の保険料を納付することを要しないものとされている者を除く。)
(2)  60歳未満の厚生年金保険の被保険者(企業型年金加入者、厚生年金基金の加入員その他政令で定める者(第3項第9号において『企業年金等対象者』という。)を除く。)

率直に言ってちょっとわかりづらいですね。

「国民年金の被保険者種別に相当する」とありますから、条文を読む限り、「(1)」に該当する人を第1号と呼んでいるようですね。また、「(2)」に該当する人を第2号と呼んでいるのがわかります。

条文の呼び方のルールによると「(1)」の部分を第62条第1項第1号と呼び、「(2)」の部分を第62条第1項第2号と呼ぶようですね。それぞれ1号2号に該当するので、第1号加入者および第2号加入者と呼びます。

細かい理解はともかくとして、実用的には、国民年金の第1号被保険者が確定拠出年金に入った場合、第1号加入者になると理解しておけば良いでしょう。第2号の場合も同様です。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。