このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

障害基礎年金と障害厚生年金の要件を満たすかどうかはいつ判断される?

身体障害者に対する公的な年金制度として、障害基礎年金と障害厚生年金という2つの年金があります。これらの年金を受給する条件を満たすかどうかを判断するには、障害の程度を認定しないといけません。この認定はいつ行われるのでしょうか。

日本年金機構のサイトによると、この認定日は次のように決められています。

初めて医師の診療を受けたときから、 1年6ヵ月経過したとき(その間に治った場合は治ったとき)に障害の状態にあるか、または65歳に達するまでの間に障害の状態となったとき。

基本的には1年6か月経ったところで判断するわけです。ただ、その前に治っていれば、そのタイミングで判断します。

さて「治る」という表現って、ちょっと不思議に感じませんか?身体障害者になったのに「その間に治った場合」って何だろうと思いますよね。

実はここでは、症状が固定化することを治ると表現しているのです。例えば事故で片腕を失った人がいたとします。現在の医療技術だとその人の腕は永遠に失われたままですよね。となると、この人にどんなことをしても失った腕は戻ってこないわけです。こんな状態を法律では治ると表現しています。

このあたりの知識が無い人が上の説明だけ読むと、理解するのが難しいでしょう。変な誤解をしてしまう可能性も大きいですよね。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。