このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

老齢厚生年金の繰上げ受給って何だ?

老齢厚生年金は、65歳から受け取り始めるのが原則です。しかし、本人の意思で、前倒しで受給することが可能です。これを繰り上げ受給といいます。

ちなみに繰上げをすると、1か月繰り上げるごとに0.5%受け取れる年金の額が減らされます。繰上げするメリットとデメリットを天秤にかけ、賢い選択をしてください。

生まれるタイミングによって状況はさまざま

現在の年金制度は非常に複雑です。老齢厚生年金に関して言うと、受給開始の年齢が徐々に60際から65歳にあがっているという現状のが現状です。こういった状況ですので、繰上げができるのか、あるいはどの程度の期間繰り上げられるのかといった点は、生まれたタイミングでだいぶ違います。

まず、昭和28年4月1日以前に生まれた男性と、昭和33年4月1日以前に生まれた女性は、老齢厚生年金の繰上げができません。なぜかというと、これらの人たちは、そもそも60歳から老齢厚生年金をもらえるからです。そもそも繰上げをする必要がないのです。

次に、昭和28年4月2日から昭和36年4月1日までの間に生まれた男性と、昭和33年4月2日から昭和41年4月1日までの間に生まれた女性のケースです。これらの人たちは通常は、生まれた時期によって61歳から64歳の間に老齢厚生年金を受け取ることになります。ただ、繰上げの手続きをすることで、60歳まで受給開始を早めることが可能です。

最後に昭和36年4月2日以降に生まれた男性と、昭和41年4月2日以降に生まれた女性のケースです。これらの人たちは、65歳から老齢厚生年金を受け取り始めます。しかし、繰上げの手続きをすることで、60歳から受給を開始することが可能です。

老齢厚生年金の繰上げ受給をすると老齢基礎年金も繰上げないといけない

老齢厚生年金の繰上げ受給には、一つ注意する点があります。老齢厚生年金の繰上げ受給をすると、老齢基礎年金も繰り上げ受給をしないといけないのです。

実際に繰り上げ受給を決めるときには、このことに留意して決定する必要がありそうです。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。