このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

海外に住んでいる日本人の国民年金と厚生年金

日本人が海外に住んでいる場合、年金の保険料の支払いはどうなるのでしょうか。

保険料の支払いには影響するのでしょうか。あるいは、不利な状況になったりするのでしょうか。海外に住む人には、結構気になるところです。

実は、その人の置かれた状況で、かなりの違いがあるようです。

日本の会社に勤めていて海外に転勤になる場合

日本で厚生年金に入っていた人が海外に転勤になったとします。雇用関係を維持したまま海外に転勤なったような場合は、そのまま厚生年金に入り続けることになります。ですから、この場合は、それによって不利益をこうむったりはしません。

移籍出向の場合は厚生年金の被保険者ではなくなる

海外への転勤でも、日本の企業との雇用関係をいったん終了させ、海外の企業と雇用契約を結ぶような場合もあります。これを移籍出向と言うそうです。

この場合は、海外の企業に勤めることになるので、継続して厚生年金の被保険者でいることはできません。ただ、任意加入という形で、国民年金の保険料を払うことができます。

国民年金の被保険者はどうなる?

海外留学などで、厚生年金に入っていない人が海外に長期滞在することもあるでしょう。この場合は、原則として、国民年金の被保険者ではなくなります。

しかし、本人が希望すれば、国民年金の被保険者になることができます。これを任意加入と言います。

サラリーマンの妻で専業主婦の人は?

ご存知の方が多いとは思いますが、専業主婦であるサラリーマンの妻1 は、国民年金の保険料を払う必要がありません。これを第3号被保険者と言います。

仮に海外に住んでいる場合でも、夫が第2号被保険者であれば、第3号被保険者のままでいられます。ですから、第3号被保険者は特に不利益がありません。


  1. もう少し正確に書くと、第2号被保険者の配偶者である20歳から60歳までの人 []

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。