このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

老齢基礎年金の繰上げてもらうことができるが減額される

老齢基礎年金は、65歳になったらもらうことができる年金の一つです。20歳から60歳まで保険料を払って、65歳から年金を受け取るというのが基本的な流れですね。まあ、例外もたくさんありますけど。

ただ、老齢基礎年金の給付は、希望すれば受け取るのを早めることが可能です。これを繰り上げ受給といいます。1か月単位で60歳まで繰上げが可能です。

繰上げをすると年金の額が減らされる

老齢基礎年金の繰上げは、年金を受け取るタイミングを早められるという意味では大きなメリットといえるでしょう。しかし、当然ですが、いいことばかりではありません。

もらうタイミングを早くするということは、デメリットも存在するのです。具体的には、もらうタイミングを早くすれば早くするほど、受け取れる年金の額が減らされてしまいます。

1か月支給を早めるために、0.5%額が減らされます

具体的にどの程度額が減らされるかというと、1か月早めるごとに0.5%減らされることになっています。例えば、1年早めると「12ヶ月 × 0.5%」で6%給付が減らされるわけです。

最大5年早めることができますから、60歳になった直後から受給し始めた場合、30%給付が減ることになります。

しかも、この額はずっとかわりません。ということは、長生きすればするほど、自分が損をするということですね。繰上げで最終的に損をするのか得をするのかは、人生が終わってみないとわからないということです。

部分的な繰上げも可能

老齢基礎年金の繰上げは部分的に行うことも可能です。「一部繰上げ」と言います。そのまんまの名前ですね。

ちなみに、一部繰上げを行った場合は、繰上げを行った部分についてのみ減額があります。減額の計算式は、全額を繰り上げた場合と同じです。


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。