このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

老齢基礎年金とは何だろう?

公的年金のニュースなどを見ていると、老齢基礎年金という用語が出てきます。老齢基礎年金というのは、いったい何なのでしょうか。国民年金や厚生年金と関連する用語なのでしょうか。チェックしてみましょう。

国民年金の保険料に対する老後の年金のことです

老齢基礎年金というのは、一言で言ってしまうと、支払った国民年金の保険料に対する老後の給付です。名前からわかるように、年金の形で給付されます。

老齢基礎年金が国民年金の保険料と関連している証拠として、老齢基礎年金の年金額が国民年金と関連していることが上げられます。国民年金の保険料を納めた月数と比例した額の年金が給付されるのです。

老齢基礎年金の年金額の決まり方

国民年金の保険料は、20歳から60歳までの間、毎月支払うことになっています。ということは、私たちは480か月分保険料を支払う事になるわけです。

480か月欠かさず保険料を支払えば、満額の年金が給付されます。しかし、480ヶ月に満たない場合は、納めた月数に比例した額しか給付が無いのです。

例えば、20歳から60歳の間で30年分しか国民年金の保険料を納めなかったとしましょう。この場合、保険料を納めた月数は360か月となります。このケースだと、支払われる年金の額は、次のようになります。

(満額の老齢基礎年金)×360/480=(満額の老齢基礎年金)×0.75

これを見るとわかるように、老齢基礎年金というのは、国民年金と直接的に関係していることがわかります。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。