2014年7月 のアーカイブ

平均寿命が長いのに保険料も年金額も同じ?公的年金制度は女性の方が有利

2014年7月29日 火曜日

公的年金制度には色々と不公平な部分があります。

完全に公平な制度と言うのは無いので、不公平があること自体は仕方がないことだと思います。ただ、有利不利があることを知っておくこと自体は、年金制度について考える上で意味があるでしょう。

(さらに…)

確定拠出年金の給付の種類と税金

2014年7月27日 日曜日

確定拠出年金の給付には税金がかかります。しかも、受け取り方によって、税金の種類が違います。

具体的にどんな給付の仕方があるのでしょうか。また、それに対してどんな税金がかかるのでしょうか。確認してみましょう。

(さらに…)

離婚したときの厚生年金の分割制度(合意分割)

2014年7月27日 日曜日

夫婦が離婚した場合は、結婚していた期間の厚生年金を分割することができます。ですから、例えばずっと専業主婦だった妻でも、老齢厚生年金を受け取れる事になるわけです。この分割制度がどんな制度なのか、概要を確認しておきましょう。

(さらに…)

老齢厚生年金の繰上げ受給って何だ?

2014年7月27日 日曜日

老齢厚生年金は、65歳から受け取り始めるのが原則です。しかし、本人の意思で、前倒しで受給することが可能です。これを繰り上げ受給といいます。

ちなみに繰上げをすると、1か月繰り上げるごとに0.5%受け取れる年金の額が減らされます。繰上げするメリットとデメリットを天秤にかけ、賢い選択をしてください。

(さらに…)

海外に住んでいる日本人の国民年金と厚生年金

2014年7月27日 日曜日

日本人が海外に住んでいる場合、年金の保険料の支払いはどうなるのでしょうか。

保険料の支払いには影響するのでしょうか。あるいは、不利な状況になったりするのでしょうか。海外に住む人には、結構気になるところです。

実は、その人の置かれた状況で、かなりの違いがあるようです。

(さらに…)

国民年金保険料の納付義務があるのは誰?

2014年7月24日 木曜日

国民年金の第1号被保険者は、自分自身の年金の保険料納付義務を負っています。

もしかしたら誤解している人もいるかも知れませんが、法律の条文としては国民年金の保険料の納付は義務なのです。納めるかどうかは自由というわけではありません。

まあ、実際には、第1号被保険者のかなりの割合の人が保険料を納めていません。ですから、義務といわれてもピンときませんけどね。

(さらに…)

国民年金の第3号被保険者はお得な制度

2014年7月24日 木曜日

国民年金には第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者という3種類の被保険者がいます。

第2号被保険者というのは、要するにサラリーマンのことですね。第3号被保険者は、第2号被保険者の配偶者で稼ぎが無い人のことです。そして、第1号被保険者は、第2号でも第3号でもない人のことを言います。

イメージとしては、第1号被保険者が自営業者や学生、第2号被保険者がサラリーマン、第3号被保険者がサラリーマンの妻(専業主婦)という感じでしょうか。細かく書くと、もっといろいろとあるのですけどね。

(さらに…)

老齢厚生年金の繰下げ受給

2014年7月22日 火曜日

国民年金の老齢基礎年金と同様、老齢厚生年金も繰下げ受給が可能です。繰下げ受給というのは、文字通りの意味です。受給開始のタイミングを遅くすることができるということですね。

受給開始のタイミングを遅くするメリットは、一言で言うと、受け取る年金額を増やすことができるという点にあります。一度増えた年金はずっとそのままなので、長生きすることができれば、65歳でもらうよりも受け取る年金の総額が大きくなるわけです。

(さらに…)

加給年金って何だ?配偶者や子供がいると年金の受給額が増える仕組み

2014年7月22日 火曜日

厚生年金には加給年金という仕組みがあります。どんな仕組みかを一言で言うと、年金の受給者に生計を維持される配偶者や子供がいるときに年金額の増額がある仕組みです。

金額的にも結構バカにならない額なので、関係しそうな人はそういう仕組みがあることくらいは覚えておきましょう。

(さらに…)

国民年金の学生納付特例制度って何だ?

2014年7月21日 月曜日

一定の条件を大学生などの学生は、申請をすることで国民年金の保険料の納付が猶予されますこれを学生納付特例制度といいます。

ただ、どんな人でもこの特例が認められるわけではありません。前年の本人の所得が一定額以下である必要があります。

(さらに…)

確定拠出年金は所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象になります

2014年7月16日 水曜日

別のページでも書いていますが、確定拠出年金は税制上の優遇措置が多いです。もっとも大きいのが、掛け金の全額が所得控除の対象になるということでしょう。

所得控除と言うのは、簡単に言うと、所得税を計算するときに控除の分だけ所得が小さく見積もられるということです。つまり全額が所得控除の対象になるということは、掛け金の分だけ所得が小さいものとして所得税が計算されるわけです。

(さらに…)

老齢基礎年金を受け取るタイミングを遅らせると毎年の年金が増える| 繰下げ受給も検討してみよう!

2014年7月16日 水曜日

前のページで紹介したように、老齢基礎年金は年金を受け取るタイミングを早くすることができます。しかしその代わり、受け取り始めるのを早くすると、毎年の年金の額は減らされてしまいます。これを繰上げ受給と言います。

これとは逆に、老齢基礎年金は受け取りを始めるタイミングを遅くすることができます。受け取るタイミングを遅くすると、繰上げの場合とは逆に、毎年の年金額が増えることになります。この仕組みを繰下げ受給と言います。

このページでは、老齢基礎年金の繰下げ受給の概要を確認してみましょう。

(さらに…)

老齢基礎年金の繰上げてもらうことができるが減額される

2014年7月15日 火曜日

老齢基礎年金は、65歳になったらもらうことができる年金の一つです。20歳から60歳まで保険料を払って、65歳から年金を受け取るというのが基本的な流れですね。まあ、例外もたくさんありますけど。

ただ、老齢基礎年金の給付は、希望すれば受け取るのを早めることが可能です。これを繰り上げ受給といいます。1か月単位で60歳まで繰上げが可能です。

(さらに…)

老齢基礎年金とは何だろう?

2014年7月15日 火曜日

公的年金のニュースなどを見ていると、老齢基礎年金という用語が出てきます。老齢基礎年金というのは、いったい何なのでしょうか。国民年金や厚生年金と関連する用語なのでしょうか。チェックしてみましょう。

(さらに…)