このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

中小の年金基金の共同運用を検討│ は?

中小の年金基金は運用能力が無いことが明らかになりました。
そこで、お金を集めてまとめて運用してもらおうと言う案が、出てきたのだそうです。

でも、これって、どう考えても理屈に合わないですよね。

AIJ投資顧問の問題で、年金基金の運用がずさんな事が明らかになりました。
特に、中小の年金基金の運用はそうとう酷いところもあるようです。

それを受けて、厚生労働省が新しい案を出してきました。
具体的には、中小企業の基金の運用を企業年金連合会委託するという事を考えているようです。1

一見もっともなことを言っているようにも思えます。
でも冷静に考えると、なんだか変な話です。

能力が無いのなら、代行を返上すべきでしょ

厚生年金基金という仕組みを使うと、本来は国で運用するお金を自分達で運用することが出来ます。
税制の優遇を受けられるなどのメリットもあり、かつては有利な仕組みだと考えられていました。

しかしその一方で、運用に失敗した場合は、基金に入っている企業が責任を負うことになります。
損失補てんを迫られるようなケースもあるのです。

メリットがある分だけ、失敗したときの責任も負う仕組みになっているわけです。

今回AIJの事件で明らかになったのは、中小の基金の一部には、お金を運用する十分な能力が無いということです。
AIJ投資顧問にかなりのお金を突っ込むという、暴挙に出た基金さえあるのですから、否定しようがないでしょう。

そこで厚生労働省が出してきたのが、今回の案です。
運用能力が無い基金に代わって連合会に運用をさせることで、基金の運用能力が低いと言う問題を解決しようとしています。

でも、こんな事をするのなら、基金なんてやめてしまうのが筋ですよね。
だって、自分達がリスクを取る代わりにメリットを享受できるというのが、本来の趣旨なのですから。

自分達で運用できないのであれば、運用資金を国に返すべきなのです。
このことを代行返上と言います。

代行返上をしやすい仕組みを作るほうが先でしょう

基金が自分で運用できないのなら、その基金は解散すべきです。
中小企業の基金に対する法整備を目指すのなら、代行返上をしやすい仕組みを作るべきでしょう。

あるいは基金が解散したときに、倒産する企業が出にくいような手当をすべきです。
基金を存続させる為に運用をどこかに任せるなんて、まったくもっておかしな話だと思います。

まあ、厚生労働省としては、天下り先を減らしたくないのでしょうけどね。
かなりの職員が基金に天下っているようですし。

そんな意図があるのではないかと思ってしまう、今回の案です。

  1. 中小年金の共同運用を検討=AIJ問題受け連合会に委託-厚労省 []

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。