このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

一部の厚生年金基金で「掛け金≪給付」の状態に

AIJ投資顧問がらみで、年金基金についての報道が多くなっています。
そんな中、時事通信の記事で、面白い記述を見つけました。

単年の給付額が掛け金を大幅に下回っている基金があるようです。

年金の掛け金収入が16億円に対し、給付額は36億円と大幅に上回っており

■ 収支マイナスの厚年基金も=最大290億円赤字-財政厳しくハイリスク運用の要因に
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012030500894

要するに、掛け金の収入と比べ、2倍以上の給付があったわけです。
詳しい数字が分からないので何とも言えませんが、常識的に考えて上手く行かなそうですよね。

基金として規模を維持していく為には、「給付額-掛け金」分の20億円の運用益が必要になります。
給付と掛け金が2倍も違うのに、そんな事が可能なのでしょうか?

いくつかの基金のデータを見た感じでは、運用資産の総額は給付額とか掛け金の10倍とか20倍程度という事が多そうです。
ということは、この基金の規模は、数百億円程度という事でしょう。

甘めに見て、運用資産の総額を仮に500億円としてみましょう。
20億円の運用益を出すには、年4%で運用する必要があります。

4%くらいなら、株式中心に運用すれば、何とかなるのかもしれません。
しかし、運用資産がもっと少ない場合は、かなり厳しい運用目標を立てないといけないでしょう。

ちなみにこの基金の場合、資産をかなり減らしている可能性があります。
上の記事によると、単年で269億円もの損失を出したそうなのです。

掛け金や給付から考えると、資産のかなりの部分を失っているのは確実です。

大雑把な計算でわかるのは、大体このくらいでしょうか。
この年金基金がどの程度の規模で、どの程度のリターンが必要なのか、正確なところはわかりませんけどね。

しかし、給付の方が圧倒的に大きい現状などから、結構きつそうな感じがしますね。
もしかしたら、自転車操業のような状態になっているのかもしれません。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。