2012年3月 のアーカイブ

国民年金の保険料を金持ちから徴収したところで、何の意味があるのだろうか?

2012年3月25日 日曜日
国税庁が年金の保険料を初めて徴収するそうです。
厚生年金の場合は、まあ、意味があることでしょう。

でも、富裕層から国民年金の保険料を徴収する事に、どんな意味があるのでしょうか?

厚生年金の保険料を滞納している企業から、国税庁が強制的に徴収を行うのだそうです。
何でも、この企業の滞納額は1億円を超えるのだとか。1

ところで、確かこの手の徴収って、厚生労働省が嫌がっていたものですよね。

国税庁が年金の徴収をする事になると、民主党が考えている歳入庁構想につながる可能性があります。
歳入庁なんてできれば、厚労省の権限が縮小するのは間違いありません。

何か、状況の変化でもあったのかなあ。
ちょっと、興味深いところですね。

(さらに…)

  1. 国税局、初の強制徴収へ=年金滞納で厚労省が委任 []

確定拠出年金(企業型)で従業員が掛金を上乗せする事で生じる節税効果

2012年3月11日 日曜日

確定拠出年金の企業型でも、従業員が掛け金を払えるようになりました。マッチング拠出というやつです。

従業員が掛け金を払う最大のメリットは、節税の効果があることです。良い機会ですので、どの程度の節税メリットがあるのか、簡単に説明しましょう。

(さらに…)

【マッチング拠出】確定拠出年金(企業型)で従業員が掛け金を上乗せできる仕組

2012年3月11日 日曜日

確定拠出年金の企業型では、従業員が任意で掛け金を払えるケースがあります。これをマッチング拠出と言います。マッチング拠出はかなり有利な制度なので、利用できる人は積極的に利用したいものです。

(さらに…)

厚生年金基金の予定利率が5.5% ほぼ全額株式に突っ込むしかないね

2012年3月8日 木曜日

ニュースに触れれば触れるほど気になる点が出てくる、厚生年金基金の問題です。

前回書いた、素人が一人で運用するという事実は、かなり衝撃的でした。
しかし、それに負けないくらい衝撃的な現実があるようです。

というのも、高橋洋一という学者さんの書いた記事を見ていたときにでてきた数字が、常軌を逸していたのです。
まず、記事の該当する部分を引用します。

基金の予定利率は高すぎる。予定利率とは、それで運用できないと年金支給に支障が出る数字だ。今ある基金のうち9割弱が予定利率を5.5%としている。
http://diamond.jp/articles/-/16477?page=3

(さらに…)

素人一人で数百億円を運用する暴挙! 天下り云々よりよっぽど問題です

2012年3月7日 水曜日
はっきり言って、滅茶苦茶です。

厚生年金基金の運用担当者は、一人だけということが多いようです。
しかも、ずぶの素人が運用しているケースが大半なのだとか。

全国の75%厚生年金基金で、運用担当者を一人しか置いていないようです。

年金基金は最低でも数十億円規模の資金を運用します。
大きいところだと、一千億円を超える規模になるでしょう。

(さらに…)

一部の厚生年金基金で「掛け金≪給付」の状態に

2012年3月6日 火曜日

AIJ投資顧問がらみで、年金基金についての報道が多くなっています。
そんな中、時事通信の記事で、面白い記述を見つけました。

単年の給付額が掛け金を大幅に下回っている基金があるようです。

年金の掛け金収入が16億円に対し、給付額は36億円と大幅に上回っており

■ 収支マイナスの厚年基金も=最大290億円赤字-財政厳しくハイリスク運用の要因に
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012030500894

(さらに…)

厚生年金基金の運用者はほとんどが素人 大金を動かしているという意識が乏しいのでしょうか?

2012年3月5日 月曜日

AIJ投資顧問の虚偽報告問題で、にわかに厚生年金基金に注目が集まっています。
そんな厚生年金基金関連のニュースから、興味深い記事を一つご紹介します。

記事によると、厚生年金基金の基金側の担当者は、ほとんどが素人だったようです。

■ 全国の厚生年金基金、8割が運用経験者おらず
http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20120302-OYT8T00791.htm?from=fb

これって、かなり異常なことだと思うんですよね。
というのも、年金基金というのはかなりの額を運用します。

(さらに…)