このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

国民年金の保険料を納めるのを躊躇してしまう理由

国民年金は損か?得か?

制度が破綻しているから、給付水準が下げられる恐れがある

国民年金は老後世代の年金を次の世代の保険料で払うという制度です。
つまり、私たちが引退したときに子供や孫の世代が支払う保険料を元に年金が支払われるわけですね。

でも、ご存知のとおり現在は少子化です。
子供が少なくなるということは私たちが引退するころに保険料を払ってくれる世代が少ないわけです。

ということは、当然入ってくる保険料が減ってしまいます。
これでは私たちの世代に十分な年金を払う事はできませんね。

そうなると年金額を下げてまかなう必要があるかもしれません。
あるいは、給付の開始年齢が引きあげられる可能性もあります。

要するに、今お金を取るだけとって将来年金がいくらもらえるか分からないという不透明さがあるわけです。
ですから、制度に不信感を持っている人がいるのは当然の事とも言えます。

この不信感に関しては今後色々考える必要があるでしょう。

世代間格差があり若い人に不利である

上に書いたような理由で、若い人の給付が減らされるのは避けられそうもありません。
これは、世代間格差と言っていいでしょう。

はっきり言って不公平です。

この不公平感が嫌で、年金の保険料を払いたくないという人もいるかもしれません。

破綻がうわさされている

さらに国民年金は破綻するのではないかといわれています。
財政的に行き詰まって、制度が存続できなくなるのではないかと懸念されているのです。

これに関しては、テレビなどでも心配する意見を聞くことがありますね。

ただ、破綻懸念に関しては、杞憂であると思って下さい。

例えば、保険料を払わない人が増えると破綻するということを言う人がいます。
しかし、保険料を払わない人がいるということは、将来給付が減るということです。

ですから、長期的に見れば、バランスしているのです。
短期的には問題になっても、長期的には影響がないのです。

冷静に考えると、国民年金を全くもらえなくなることはないと思ってもいいでしょう。

それでも、破綻するかもしれない制度にお金を出すのは嫌なものです。
ですから、これが原因で保険料を納めない人も少なからずいるのでしょうね。

経済的に保険料を納めることが出来ない

もう一つ考えられるのが、経済的な理由で保険料を納めるのが難しいというケースです。

経済的に厳しい上に、上に書いたような悪いうわさもあるのです。
それを理由に納付をためらう人がいるのも当然でしょう。

ただ、経済的な理由で納付が出来ない場合は、保険料の免除制度が適用される可能性もあります。
普通に払った場合に比べて、年金額自体は減ってしまいますが、使わない手はありません。

経済的な理由で払えないという場合は、ぜひ利用していただきたいと思います。

マスコミに踊らされている

よく分からないけど、マスコミが言うから国民年金は信頼できないと思っている人も、少なからず居そうです。
だから何となく保険料を払わないという人たちです。

そういう人には、自分が将来どういう不利益を受けるのか、早めに気づいて欲しいものです。
少なくとも、情報は十分にありますから、ちゃんと自分で判断していただきたいものです。

次のページ >> 国民年金の保険料を払わないのは損なので、ぜひ払ってください

国民年金の損得について

国民年金の保険料は払った方が得か?やっぱり損?
国民年金の保険料を払った方が得な点
納めた保険料に対して、受取る年金額は得なのか?
国民年金の保険料を納めるのを躊躇してしまう理由
国民年金の保険料を払わないのは損なので、ぜひ払ってください


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。