このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

国民年金に付加する年金だから付加年金…簡単に年金受給額を増やせます

もらえる年金を増やすにはいくつかの方法があります。

個人的に一番おすすめなのは、確定拠出年金です。
なんと言っても、節税のメリットが大きいからです。

とは言え、確定拠出年金の運用にはリスクを伴います。
もちろん、リスクを完全に回避する方法もあるのですが、そうするとリターンはほとんど望めません。

また、確定拠出年金をはじめるには、若干面倒なイメージもあります。
そして、実際、いろいろと考えないといけない事があるのは事実です。

窓口になる金融機関を決めて、投資するファンドを決めて、投資額を決めて…といった具合ですね。
それに、後数年で年金受給が始まると言う人が、これから運用でと言う気持ちにもなりにくいでしょう。

そこで、おすすめのすばらしい制度があります。
国民年金の上乗せ制度で、付加年金といいます。

国民年金に付加するから付加年金ということですね。

金額が小さいので、補助的にしか使えないのが残念なのですが、本当に有利です。
何歳まで生きるかなどにも寄りますが、結果的にかなり有利な運用である可能性の高いのです。

これだけ有利な条件の仕組みは、なかなか存在しません。
しかも、手続き自体はそれほど難しいものではありません。

利用できる方はぜひ利用していただきたいと思います。

付加年金について詳しく知る

付加年金は得らしいけど、損をすることは無いの?| 損得勘定はどうなっている

付加年金の概要は?どんな仕組みなの?

国民年金に付加する年金だから付加年金…簡単に年金受給額を増やせます

付加年金には物価上昇に弱いというデメリットが

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。