このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

不明高齢者問題 ついに年金詐欺事件に

生きていれば111歳になる男性が白骨化した遺体で見つかった事件で、逮捕者が出ました。

記事には詳しい容疑などは書かれていません。

年金の不正受給に対する逮捕と言うことなら、詐欺容疑での逮捕と言うことでしょうか。

逮捕された長女も81歳と高齢なので、複雑な感じはしますね。

まあ、悪い事をしたら逮捕されると言うのは当然のことですが。

■ 「口座凍結されると思った」、孫娘供述
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100829-OYT1T00072.htm

逮捕者は今後増えるのか?

ところで、今回のような逮捕は、今後増えそうな気がします。

一連の高齢者の不明問題では、死亡を知りながら受給し続けたと言う人は多そうです。

中には意図的に嘘の届出をしたものもあるようです。

逮捕者が増えると、社会問題にもなりそうですね。

調査対象を見直せば犯罪もさらに見つかるかも

今回の高齢不明者の調査は、100歳以上に限ったものです。

しかし、100歳で区切る必然性はどこにもありません。

例えば、今回逮捕に至ったケースでも、ことの発端になる出来事は数十年前に起こっています。

仮に調査対象を80歳まで下げたとしたら、どれだけの不明者が出るかと思うと恐ろしくも感じます。

そして、年金などの詐欺事件もかなりの数にのぼるかも知れません。

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。