このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

SBI証券で401Kの運用

SBI証券で確定拠出年金を購入する場合、どのように運用すれば良いか考えてみました。

想定としては、月々の投資額が2万円の40代までの比較的若い人を考えています。

これより上の年齢になると、もう少し債券の比率を増やした方が良いでしょう。

ちなみに、確定拠出年金を取り扱う金融機関の中ではSBI証券がイチオシです。

SBI証券をおすすめする理由は、こちらをご覧下さい。

元本確保型の商品について

まず、元本確保型の商品ですが、これは外して考えましょう。

理由は、「確定拠出年金おすすめの運用」で紹介したとおりです。

元本確保型の商品にお金を置いておくなんて、一番やってはいけないことです。

SBI証券の元本変動型商品

SBI証券では、元本変動型の商品として以下のファンドが用意されています。

これを書いている時点の情報なので、その後多少は変わっているかもしれません。

◆日本株・アクティブ型
・フィデリティ・日本成長株・ファンド
・三井住友・バリュー株式年金ファンド
・すみしんDCグッドカンパニー

◆日本株インデックス型
・ニュージャパン・インデックス・ファンド(DC年金)
・MHAM TOPIXオープン
・日経225ノーロードオープン
・朝日ライフ日経平均ファンド

◆日本債券
・野村日本債券ファンド(確定拠出年金向け)

◆海外債券
・グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)
・野村外国債券インデックスファンド(DC向)

◆バランス型
・DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス/債券重視型
・SBI資産設計オープン(スゴ6)資産成長型

◆海外株式
・中央三井DC外国株式インデックス・ファンド
・シュローダー-BRICs株式ファンド

◆オルタナティブ
・MHAM J-REITアクティブファンド(DC年金)
・ダイワ“RICI(R)”コモディティ・ファンド

日本株に投資するファンドが多いみたいですね。

さて、この中から、何を選べば良いのでしょうか?

一緒に考えて生きましょう。


ちょっと長くなりそうなので、ページを分けましょう。

その2に続きます。

SBI証券


SBI証券で401Kの運用 その1
SBI証券で401Kの運用 その2
SBI証券で401Kの運用 その3

iDeCoでは金融機関選びが大事

iDeCo をはじめるには、運営管理機関を選ぶ必要があります。運営管理機関というのは、窓口となる金融機関の事ですね。

この運営管理機関選びが、実は、かなり大事です。というのも、金融機関によって月々の手数料がだいぶ違いますし、取り扱っている投資信託の種類も違うからです。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。SBI証券は月々の手数料が167円と最低ですし、運用に使える投資信託もかなり多いのです。

iDeCo に興味があれば、資料請求だけでも取り寄せてみたらいかがでしょう。まとまった情報が得られますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。