このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

東京海上日動で401kは賢い選択?

確定拠出年金(個人型)を取り扱っている金融機関の一つに東京海上日動があります。

この金融機関を利用するのは、賢い選択なのでしょうか?

結論から言うと、「SBI証券の方がおすすめだよ」というのが私の感想です。

手数料と取り扱うファンドの両方で良い選択とは言いにくいのです。

取り扱うファンド

まず、これを書いている時点での商品一覧を抜粋してみます。

元本確保型
◆利率保証型積立傷害保険「ねんきん博士」(保証期間5年) 東京海上日動火災保険株式会社
◆利率保証型積立傷害保険「ねんきん博士」(保証期間10年) 東京海上日動火災保険株式会社

リスク運用型
◆ダイワMMF
◆東京海上セレクション・日本債券
◆東京海上セレクション・外国債券
◆東京海上セレクション・日本株TOPIX
◆東京海上セレクション・日本株式
◆東京海上セレクション・外国株式
◆東京海上セレクション・バランス30
◆東京海上セレクション・バランス50
◆東京海上セレクション・バランス70

ファンド選びはちょっと疑問を感じる

ファンドのバランスとしては、まずまずという感じがします。

ただ、運用会社に関してはちょっと問題を感じます。

ほとんどのファンドが、系列会社のファンドなのです。

具体的に言うと、リスク運用型の商品に関しては、「ダイワMMF」以外の全てのファンドが東京海上アセットマネジメント投信株式会社の商品です。

また、元本確保型に関しては、2つとも東京海上日動火災保険株式会社のファンドです。

なぜこのようなファンド選びをしたのでしょうか?

確定拠出年金を通してファンドを売ると、系列会社である運用会社には信託報酬という手数料が入ります。

その結果東京海上としては、窓口会社と運用会社の両方で手数料を取ることができるのです。

顧客の事を考えたファンド選びと言えるかどうか、疑問に感じます。

もう一つ付け加えると、リスク運用型のファンドが11しかありません。

この数も、少ない方です。

ちょっと物足りない感じがします。

インデックスファンドでないのも疑問

リスク運用型のファンドが、インデックスファンドでないのも気になります。

インデックスファンドというのは、日経平均やTOPIXなどの指数に連動するファンドです。

東京海上の場合、手数料が安いインデックスファンドは扱っていません。

手数料の高いアクティブ型のファンドしか用意していないのです。

これもちょっと疑問を感じます。

もちろん、アクティブ型が完全に悪いという気はありませんけどね。

運営管理手数料が高い

東京海上は、はっきり言って手数料が高いです。

ホームページによると加入者の場合、月々の手数料が毎月509円もかかります。

ってことは、年間で六千円以上かかるってことです。

月々の掛金が1万円だったら、管理手数料だけで5%も取られてしまうのです。

これでは投資が成功する可能性は高いとはいえません。

結論

ファンドの選び方と手数料を考えると、東京海上はちょっと違うのかなあという気がします。

少なくとも、私だったら違う金融機関を選びます。

ちなみに、手数料やファンドの品揃えを考えると、SBI証券がおすすめです。


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。